【レーシック手術は医療費控除の対象】確定申告して還付金をもらう方法

レーシック(視力回復)

【レーシック手術は医療費控除の対象】確定申告して還付金をもらう方法

この記事で分かること

  • レーシック手術の医療費控除のやり方
  • 確定申告の方法

 

レーシック手術を受けたあと、医療費控除の申請をして還付金をもらいました。

 

レーシック手術の確定申告をして医療費控除の還付金がもらえたので、詳しいやり方を解説していきます。

レーシック手術を検討中の方、手術をすでに受けた方は参考にしてみてください。

 

記事の内容

  • 医療費控除とは
  • レーシック手術の医療費控除に必要なもの
  • 医療費控除の計算方法
  • レーシック手術費とあわせて控除できるもの

 

【レーシック手術は医療費控除の対象】確定申告して還付金をもらう方法

【レーシック手術は医療費控除の対象】確定申告して還付金をもらう方法

 

レーシック手術は医療費控除の対象となるので、手術を受けたら必ず確定申告の手続きをしましょう。

なぜなら、支払った所得税から医療費が控除されて還付金がもらえるからです。

 

還付金をもらう方法

  • 税務署に行って確定申告する
  • e-taxなどネットから確定申告する

 

レーシック手術は健康保険の適用外となります。

つまり「自由診療」というものですね。

 

健康保険が使えない分、高額となり自己負担額が大きくなります。

しかし、医療費控除の確定申告をすることで還付金が翌年にもどってきます。

もらえる権利なのでしっかり申告してもらっておきましょう。

 

もし確定申告を忘れていても、5年後までなら手続き可能ですよ。

 

医療費控除とは

医療費控除とは

 

医療費控除とは、以下のどちらかが1/1~12/31の間に超えた場合、支払ったお金を所得から差し引いて納税額を減らせる制度です。

  • 本人と家族などの同一家計内で支払った医療費総額が10万円以上
  • 総所得200万円以下の人の支払った医療費が総所得の5%以上

 

減らせる納税額は、翌年に医療費控除の確定申告をすれば「還付金」として自分にもどってきます。

上限は200万円まで

 

確定申告の期限は、毎年2月中旬から3月中旬までの1ヵ月間です。

ただし、サラリーマンなどの給与所得者による医療費控除の還付申告は、1月からでも受け付け可能。

 

2月に入ると混み始めるので、僕は1月末に税務署で申告手続きをしました。

 

レーシック手術の医療費控除に必要なもの

レーシック手術の医療費控除に必要なもの

 

レーシック手術の医療費控除で還付金をもらうには、e-taxなどネットで申告するか税務署へ行って確定申告手続きをする必要があります。

医療費控除申請(確定申告)をする際に必要なものをまとめました。

 

必要なもの

  • 確定申告用紙
  • 医療費控除の明細書
  • 会社の源泉徴収票
  • マイナンバーがわかるもの
  • レーシック手術費の領収書
  • 交通費などのメモ

 

医療費控除の明細書は、国税庁ホームページのPDFからダウンロードできます。

国税庁:医療費控除の明細書

 

確定申告用紙は、税務署に置いてあるので記入して提出。

医療費控除の明細書も確定申告用紙も、書き方は説明不要なほど簡単です。

 

レーシック手術費の領収書と交通費などのメモはあれば安心かな~くらいなので、無くても大丈夫です。

 

医療費控除の計算方法

医療費控除の計算方法

 

レーシック手術を受けた場合の医療費控除の計算方法です。

以下の簡単な計算式で医療費控除額を割り出すことができます。

 

医療費控除額

医療費合計額-保険金などで補填される額-10万円

 

通常 所得税 = 所得 × 所得税率
医療費控除 所得税 = (所得 - 医療費控除額) × 所得税率

 

所得税率とは個人の所得にかけられる税率のことで、所得額によってこの税率はかわってきます。

所得額 税率 所得から引かれる税額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円 10% 97,500円
330万円~695万円 20% 427,500円
695万円~900万円 23% 636,000円
900万円~1,800万円 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円 40% 2,796,000円
4,000万円~ 45% 4,796,000円

*国税庁ホームページ「所得税の税率」

 

レーシック手術費とあわせて控除できるもの

レーシック手術費とあわせて控除できるもの

 

レーシック手術は確定申告すれば医療費控除の対象となります。

他にも、期間内であればレーシック手術費と合算して控除の対象にできるものがあるので確認しておきましょう。

 

所得控除できるもの

  • 虫歯などの治療費
  • レーシックの検査費
  • 他の病院での治療費
  • 入院費
  • 治療のための交通費
  • 出産費用
  • インプラント

 

レーシック手術を受けた同じ年に、虫歯を治療したり病院から薬を処方されたなど該当するものがあれば、まとめて計算して申請しましょう。

 

合算した方がさらに控除されるのでもらえる還付金が増えます。

病院での治療費や入院費などを支払った際は、必ず領収書はとっておきましょうね。

 

【レーシック手術は医療費控除の対象】確定申告して還付金をもらう方法:まとめ

【レーシック手術は医療費控除の対象】確定申告して還付金をもらう方法:まとめ

 

ではこの記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • レーシックは医療費控除の対象で還付金がもらえる
  • 還付金をもらうには確定申告が必要
  • 確定申告では医療費控除の明細書も一緒に提出
  • 病院などの領収書は捨てずにとっておこう

 

レーシック手術を受けたら必ず確定申告をして医療費控除の手続きをしましょう。

手続きしないともらえるはずの還付金ももらえなくなります。

 

ちなみに僕は品川近視クリニックで4年前にレーシック手術を経験、今も不都合なく視界は良好です。

レーシック手術を検討中の方は、早く手術した方が人生のランニングコストもかからずお得。

 

レーシック手術の詳細

 

レーシック

レーシック手術を詳しく見る→

 

 

レーシック手術を受けた体験談の記事はこちら

レーシック手術の体験談【手術後4年たった今の正直な感想】
【レーシック手術の体験談】手術後4年たった今の正直な感想

続きを見る

 

 

レーシックの記事一覧へ

 

ぶろぐトップへ戻る

 

-レーシック(視力回復)

© 2020 はいりふる ぶろぐ Powered by AFFINGER5