【初心者必見!海外旅行の手順】持ち物からお得な予約方法まで徹底解説

海外一人旅

【初心者必見!海外旅行の手順】持ち物からお得な予約方法まで徹底解説

この記事で分かること

  • 海外旅行に必要な持ち物
  • 旅行前に準備すること
  • ホテルや航空券、Wi-Fiなど安く予約する方法

 

海外旅行や海外1人旅に初めて行く方、慣れていない方に向けた「海外旅行の手順」を解説します。

 

【初心者必見!海外旅行の手順】持ち物からお得な予約方法まで徹底解説

 

準備しておくものや安くできるお得な予約方法、海外旅行での注意点などが分かるのでぜひ最後までチェックしてみてください。

 

記事の内容

  • 手順1:持ち物
  • 手順2:Wi-Fiを準備
  • 手順3:航空券とホテル予約
  • 手順4:クレジットカードを準備
  • 手順5:旅行保険に加入
  • 手順6:現地ツアーの予約
  • 手順7:注意点の確認
  • 筆者の海外1人旅体験記

 

初めての海外旅行は不安ですよね。

しかし、知らない異国の地を訪れると経験値が上がり、人としても成長できます。

 

僕も初めての海外旅行の時は、不安でいろいろ調べたりしました。

今では海外1人旅を楽しめるようになれたので、よかったら1人旅もしてみてください。

 

ではさっそく海外旅行や海外1人旅に初めて行くという方や慣れていない方のために手順を徹底解説していきます。

 

海外旅行の手順

  1. 持ち物を準備
  2. 海外で使えるWi-Fiを準備
  3. 航空券とホテルを予約
  4. クレジットカードを準備
  5. 旅行保険に加入
  6. 現地ツアーの予約
  7. 注意点の確認

 

手順1から順番に見ていきましょう。

 

海外旅行の手順1:持ち物を準備

海外旅行の手順1:持ち物を準備

 

海外旅行の手順、1つめは「持ち物を準備する」こと。

 

僕が普段の海外旅行で実際に準備している持ち物をまとめました。

この持ち物でトラブルなく1人旅を快適に楽しめています。

 

必要な持ち物

ビザ(査証)ビザがないと入国できません(ビザが不要な国や電子ビザの地域もあり)
現金現金しか使えない地域もあります *チップなどでは現金の方が安くなる場合も
航空券飛行機の予約が完了したら航空券を忘れずに
スマホ緊急時の連絡手段だけでなく調べものする際にも必須
充電器スマホやパソコンなど電子機器の充電に必須(専用のケーブルがある場合はそちらもお忘れなく)
Wi-Fi海外でスマホなどネット通信を使うなら必須(現地のフリーWi-Fiはセキュリティ面、速度面でオススメできません)
着替え日数分だけ用意しておけば大丈夫(必要最低限のかさばりすぎない程度に)
下着・靴下下着や靴下は意外に忘れがち
パスポート海外旅行で1番大事なもの
変換プラグコンセントの型式は日本と異なるので、スマホなどを充電する際に必要
ホテル予約夜は安全で快適な宿泊施設でまったり
トラベルセットシャンプー・ボディソープ・歯ブラシなどのセット
リュックサックバックパック1つで身軽な旅が可能
クレジットカードクレカがないと入れないお店や、泊まれないホテルもある
セキュリティポーチスキミング防止機能や防水機能のあるもの(シークレットベルト)
コンタクト・メガネコンタクト使用者は予備のレンズや保存液も忘れずに

 

あると便利な物

耳栓騒音が苦手な方は、飛行機内や空港の待ち時間などで必要
カメラ写真にこだわりがある方はハイスペックのカメラを用意
タオル手が汚れたり雨で濡れた際など意外と使用頻度が高い
栓抜き海外では瓶のアルコールしか売っていない地域もある
南京錠バッグなど荷物を預ける際もカギをかけておけば安心
腕時計スマホの充電切れや登山の際に必要
髪ゴムタオル、衣類、お菓子などをまとめる際など、意外と必要
洗顔料洗顔料が置いてない宿泊施設もある
自撮り棒写真撮影で絶景と自分を一緒に写したい場合にあると便利
S字フック宿泊部屋で荷物や帽子をかける際に必要
現地ツアー旅先でアクティビティを楽しむなら必要
アイマスク機内での仮眠や宿泊先によっては必要
ミニバッグアウトドア登山や街ブラには小さめのバッグがあると便利
スーツケース長期の海外旅行ならスーツケースがオススメ
海外旅行保険トラブルや事故にあった際のために
ミニ懐中電灯暗い中、物を探す際に意外と必要
ネックピロー飛行機内など仮眠であると助かる
折りたたみ傘スコールがある地域などで必要
化粧水や乳液置いてないホテルが多い
物干しロープとクリップ選択や濡れた衣類を干す際に必要

 

男女別の必要な物

男性が必要な持ち物女性が必要な持ち物
シェーバー化粧品
アフターシェービングローション生理用品
メイク落とし

 

夏冬別の必要な物

夏に必要な持ち物冬に必要な持ち物
帽子手袋
水着防寒具
サンダルホッカイロ
日焼け止め保温インナー
サングラス
虫よけスプレー

 

必要のないものは無理に揃えなくても大丈夫。

自分に合わせて持ち物を準備していきましょう。

 

それぞれの必要な持ち物は、こちらの記事で詳しく解説しています。

【海外旅行に必須の持ち物】意外と忘れがちな必需品とあると便利なアイテム
【海外旅行に必須の持ち物】意外と忘れがちな必需品とあると便利なアイテム

続きを見る

 

海外旅行の手順2:Wi-Fiを準備

海外旅行の手順2:Wi-Fiを準備

 

海外旅行の手順、2つめは「海外で使えるWi-Fiを準備する」こと。

 

海外旅行ではスマホを使うシーンが日本にいる時よりも増えます。

  • 地図で道順を調べる
  • 美味しいレストランを調べる
  • 写真や動画をSNSにアップする
  • 緊急時の連絡

 

スマホを使うにはネット環境が必須。

ネット通信するための海外で使えるWi-Fiも準備しておきましょう。

 

オススメする厳選したWi-Fiは以下です。

ちなみに僕が利用する頻度が1番多いのは「グローバルWi-Fi」か「ギガWi-Fi」です。

 

厳選Wi-Fi

 

それぞれのWi-Fiの特徴を分かりやすくまとめました。

 

グローバルWi-Fiの特徴
  • ネットの通信環境が安定していて繋がりやすい
  • オプションが豊富
  • 1,000円引きのキャンペーンあり

グローバルWi-Fiを詳しく見る

 

イモトのWi-Fiの特徴
  • 通信速度が速く、ネット環境の安定度も高い
  • 破格の半額キャンペーンあり
  • キャンセルした場合の料金が高い

イモトのWi-Fiを詳しく見る

 

ジェットファイの特徴
  • 大容量バッテリーなので1回の充電で15時間の連続使用が可能
  • 180円で電話かけ放題のオプションあり
  • 2か国以上の周遊プランが爆安

ジェットファイを詳しく見る

 

ギガWi-Fiの特徴
  • 日本でも海外でもそのまま同じ端末が使える
  • レンタルなどの手続きは一切不要
  • 料金やプランが分かりやすくてシンプル

ギガWi-Fiを詳しく見る

 

厳選したWi-Fiはこちらの記事で詳しく解説しています。


 

海外旅行の手順3:航空券とホテルを予約

海外旅行の手順3:航空券とホテルを予約

 

海外旅行の手順、3つめは「航空券とホテルを予約する」こと。

 

航空券とホテル予約は海外旅行するなら必須です。

また予約するなら同時予約することで料金が安くなる場合が多いのでオススメ。

僕も予約する時は航空券とホテルを同時に予約、ホテル代が無料になることもありました。

 

同時予約にはメリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。

 

メリット

  • セット割引で安くなる場合が多い
  • 別々に探す手間が省ける
  • 予約時間も短縮できる
  • 支払先が一括で分かりやすい

 

デメリット

  • 急な予定変更はできない
  • キャンセル料金が高くなる場合が多い

 

航空券とホテルを同時に予約できるオススメの厳選サイトは以下です。

 

厳選サイト

 

それぞれの予約サイトの特徴を簡単にまとめました。

 

エアトリの特徴

エアトリを詳しく見る

 

スカイチケットの特徴
  • 2回目以降に使えるリピーター割引クーポンあり
  • プレミアム会員サービスで部屋のグレードアップなど特典あり
  • 700社以上の航空会社から一括比較して選べる

スカイチケットを詳しく見る

 

エクスペディアの特徴
  • 航空券とホテル同時予約でホテル代最大全額OFF
  • 追加予約(アドオン)でも料金が割引
  • 航空券の予約時にマイルを貯められる

エクスペディアを詳しく見る

 

ブッキングドットコムの特徴

ブッキングドットコムカードを詳しく見る

 

それぞれの予約サイトはこちらの記事で詳しく解説しています。

【航空券とホテルの同時予約サイトはどこが安い?】お金と時間を節約するコツ
【航空券とホテルの同時予約サイトはどこが安い?】お金と時間を節約するコツ

続きを見る

 

海外旅行の手順4:クレジットカードを準備

海外旅行の手順4:クレジットカードを準備

 

海外旅行の手順、4つめは「クレジットカードを準備する」こと。

 

現金だけでも海外旅行は楽しめます。

しかし渡航先によってはクレジットカードがないと困ることもあるので用意しておきましょう。

 

クレカがないと

  • 入れないレストランやお店がある
  • 泊まれないホテルもある
  • デポジットをクレカで払うホテルもある

 

海外で使うならブッキングドットコムカードがオススメです。

 

ブッキングドットコムカードの特徴
  • ジーニアス会員になりブッキングドットコムの特典を受けられる
  • 旅行傷害保険も用意ざれている
  • 1回の利用で最大6%のポイントが貯まる

ブッキングドットコムカードを詳しく見る

 

海外旅行で使えるクレカをまだ用意していない方は、早めにさくっと作っておきましょう。

 

海外旅行の手順5:旅行保険に加入

海外旅行の手順5:旅行保険に加入

 

海外旅行の手順、5つめは「旅行保険に加入する」こと。

万が一に備えて保険に入っておくと、補償金が出るので安心です。

 

「念のため加入しておいた方がいい」

「保険なんてお金のムダ。必要ない」

 

人それぞれなので、自分の考えや状況に合わせて決めていきましょう。

どうしても必要ないと思う方は無理に加入しなくても大丈夫。

 

僕はトラブルにあった時のために、海外旅行保険のAIGという保険に入ってます。

料金が安く補償内容も充実しているのでオススメ。

 

海外旅行保険「AIG」の特徴
  • 旅行先で持病が悪化した場合の治療費も補償
  • 旅行、留学、出張など目的別のプランあり
  • 24時間ネットから申込み可能

海外旅行保険AIGを詳しく見る

 

保険としてはかなり安いので資料だけもらっておこうかなという方は、チェックしてみてください。


海外旅行保険のAIGを詳しく見る→

 

運営会社AIG損害保険株式会社代理店:株式会社BLUE POCKET
会社所在地〒101-0061 101-0061 東京都千代田区三崎町2-20-7
電話番号03-6672-6461(平日10:00~17:00)
承認番号AIU-T-16-0104

 

海外旅行の手順6:現地ツアーを予約

海外旅行の手順6:現地ツアーを予約

 

海外旅行の手順、6つめは「現地ツアーを予約する」こと。

 

現地ツアーを楽しみたい方、予定に組み入れたい方は予約しておきましょう。

ツアーに参加しないという方は必要ありませんが、安いツアー料金で何から何まで手配してくれて現地の人気観光スポットを満喫できるので、海外旅行初心者の方はぜひ検討してみてください。

 

海外旅行の現地ツアーでオススメは以下の2つです。

僕は両方とも使っています。

 

 

それぞれの海外ツアーの特徴は以下です。

 

JTB海外ツアーの特徴
  • 渡航先と日にちだけ入力してすぐに検索が可能
  • 現地でのレンタカーも安く予約できる
  • 予約だけしておいて支払いは後からでも大丈夫

JTB海外ツアーを詳しく見る

 

エアトリ海外ツアーの特徴
  • ハワイ、沖縄、世界人気都市などに特化したツアーが充実
  • 可能な範囲で融通をきかせてくれる
  • クレカだと支払い手数料がかかる

エアトリ海外ツアーを詳しく見る

 

せっかくの海外旅行です。

あとで「あそこ見ておけばよかった」と後悔したくない方は、各ツアーを詳しくチェックしてみてください。

 

海外旅行の手順7:注意点を確認する

海外旅行の手順7:注意点を確認する

 

海外旅行の手順、7つめは「注意点を確認する」こと。

これだけは本当に気を付けるべきポイントを3つ解説します。

 

  • パスポート
  • ビザ(査証)
  • プラグ形状

 

では順番に見ていきましょう。

 

パスポート

注意点1つめは、パスポートの期限を確認することです。

 

パスポートには「5年」と「10年」の2種類の期限があります。

持っている方は期限を確認。

 

注意ポイント

期限が切れていると新規で作り直す必要があります

 

有効期限が近付いている場合は、旅行出発の2週間前までには申請手続きをお忘れなく。

最寄りのパスポートセンターで手続きが可能です。

 

パスポートを持っていない方はまず作成しておきましょう。

必要な物

  • 戸籍謄本
  • 写真
  • 本人確認書類(免許証など)

 

航空券やホテルをWEB予約する際は、パスポートに記載されている氏名を間違えないようにしましょう。間違っていると飛行機に搭乗できません。

 

ビザ(査証)

注意点2つめは、ビザの申請をすることです。

 

ビザは「入国を許可されている証明」となるので、ビザがないと入国できません。

ビザが必要ない国もあります。

 

ビザの申請がおりるまでには日数がかかります。

旅行に出発する日から逆算して早めに申請しておきましょう。

 

ビザの申請に必要なもの

  • 査証申請書(ビザフォーム)
  • 写真
  • 査証料
  • パスポート

その他航空券などが必要な場合もあります。

 

また、アメリカなど電子ビザ(ESTA)の国などさまざま。

電子ビザは、簡易的な査証でインターネットだけで手続きが完了。

渡航先にあわせて必要なビザを確認しておきましょう。

 

プラグ形状

注意点3つめは、コンセントのプラグ形状を確認することです。

 

海外ではコンセントの形状が日本と異なります。

「変換プラグ」がないと、スマホや電子機器を充電できません。

 

国によってプラグ形状の型式が異なるので渡航先は何型か確認しておきましょう。

プラグ型式

  • A型
  • B型
  • B3型
  • BF型
  • C型
  • O型
  • O2型
  • SE型

 

  • ハワイ:A型
  • オーストラリア:O型
  • グアム:A型、BF型、O型

 

変換プラグはネットや家電量販店で簡単に手に入ります。

 

 

筆者の海外1人旅体験記

筆者の海外1人旅体験記

 

僕は英語力もたいしてありません。

しかし知らないところを1人旅するのが大好きで、今まで10か国ほど海外1人旅をしてきました。

 

海外旅行記は現在作成中ですが、2つだけ記事ができているので載せておきます。

暇で仕方がない時に読んでみてください。

 

オーストラリア1人旅(シドニー編)

【男1人旅シドニー編】交通費0円でおしゃれな街並みを徒歩観光してみた
【男1人旅シドニー編】交通費0円でおしゃれな街並みを徒歩観光してみた

続きを見る

 

オーストラリア1人旅(エアーズロック編)

【男1人旅エアーズロック編】世界遺産ウルルへ行ってツアーに参加してみた
【男1人旅エアーズロック編】世界遺産ウルルへ行ってツアーに参加してみた

続きを見る

 

【初心者必見!海外旅行の手順】持ち物からお得な予約方法まで徹底解説:まとめ

【初心者必見!海外旅行の手順】持ち物からお得な予約方法まで徹底解説:まとめ

 

ではこの記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • 持ち物は必要なものだけ揃えよう
  • Wi-Fi・航空券・ホテルはお得に申し込もう
  • パスポート、ビザ、プラグ形状には注意しよう

 

海外を旅してみるとさまざまな価値観や新しい発見があり楽しく成長できます。

最初のうちは不安だと思いますが、1歩踏み出してみると意外に簡単だったと感じるはず。

せっかくの人生、日本以外も見てみましょう。

 

海外旅行:関連記事

 

海外旅行:航空券とホテル

 

海外旅行:Wi-Fi

 

 

ホームへ戻る

 

-海外一人旅

© 2021 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5