【DMMFXのメリット・デメリット】知っておくべき特徴も解説

DMMFX

【DMMFXのメリット・デメリット】知っておくべき特徴も解説

この記事で分かること

  • DMMFXの7つのメリット
  • DMMFXの3つのデメリット
  • DMMFXの3つの特徴

 

本業をしながら資産運用の1つとしてDMMFXを使ってます

 

僕も利用しているDMM.com証券の「DMMFX」について、メリットとデメリット、特徴を解説します。

DMMFXの知っておくべきことをまとめたので、DMMでFXを始めようか検討中という方は参考にしてみてください。

 

記事の内容

  • DMMFXのメリット
  • DMMFXのデメリット
  • 知っておくべき特徴

 


 

【DMMFXのメリット・デメリット】知っておくべき特徴も解説

【DMMFXのメリット・デメリット】知っておくべき特徴も解説

 

DMMFX(ディーエムエムエフエックス)は株式会社DMM.com証券(ディーエムエムドットコム)のFX取引サービスです。

FX:Foreign Exchange(外国為替)

 

DMMFX:基本情報

運営会社 株式会社DMM.com証券
取扱い通貨 20通貨ペア
取引単位 10,000通貨
会社住所 〒103-6026 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー26F
設立 平成18年(2006年)12月
登録・許可 第一種金融商品取引業

第二種金融商品取引業

商品先物取引業

関東財務局長(金商)第1629号

 

CMなどでも耳にする知名度の高いDMMFXは、キャッシュバックキャンペーンやスプレッド縮小イベント、ポイント制度の導入など利用者の満足度も高め。

 

そんなDMMFXのメリットとデメリットを詳しく解説します。

知っておくべきDMMFXの特徴も合わせてお話するので一緒に見ていきましょう。

 

DMMFXのメリット

DMMFXのメリット

 

まずはDMMFXのメリットから解説していきます。

 

DMMFXのメリット

  • LINEですぐ質問できる
  • スプレッドが狭い
  • 取引でポイントが貯まる
  • 各手数料が無料
  • アプリが使いやすい
  • キャッシュバックがある
  • 安全性が高い

 

順番に見ていきましょう。

 

メリット1:LINEですぐ質問できる

DMMFXのメリット、1つめは「LINEですぐ質問できる」ことです。

 

DMMFXのLINEカスタマーサービス

 

DMMFXはFX業界で初めてLINE(ライン)でのサポートを開始。

24時間いつでも問い合わせ可能で返事はすぐに返ってきます。

 

電話するのが苦手な人にも嬉しいサービスですね。

ちなみにログインしなくても赤枠部分をタップすればLINEでのやりとりは可能です。

DMMFXのLINEカスタマーサービス

 

メリット2:スプレッドが狭い

DMMFXのメリット、2つめは「スプレッドが狭い」ことです。

 

DMMFXのスプレッドは業界最狭水準で米ドル/円なら0.2銭の原則固定。

後ほど特徴でも説明しますが、スプレッド縮小期間イベント中はさらに小さくなり米ドル/円が0.1銭となります。

 

スプレッドが狭いので取引コストを安く抑えられます。

 

メリット3:取引でポイントが貯まる

DMMFXのメリット、3つめは「取引でポイントが貯まる」ことです。

 

DMMFXの取引応援ポイントサービス

 

DMMFXには「取引応援ポイントサービス」があり、取引するごとにポイントが貯まります。

また取引実績によって3つのランク(ゴールド・シルバー・ブロンズ)に分けられ、ゴールドランクなら3倍のポイントが付与されます。

 

ポイントサービスの詳細

  • 1ポイント=1円
  • 現金に交換可能
  • 取引にも利用可能
  • 新規1Lot毎に付与
  • 1年使わないと失効

 

メリット4:各種手数料が無料

DMMFXのメリット、4つめは「各種手数料が無料」なことです。

 

DMMFXでは以下のすべての手数料が0円なので、費用がほとんどかかりません。

  • 取引手数料
  • 口座維持手数料
  • ロスカット手数料
  • 出金手数料
  • 口座開設手数料
  • クイック入金手数料

 

メリット5:アプリが使いやすい

DMMFXのメリット、5つめは「アプリが使いやすい」ことです。

 

口コミにも多くありましたが、DMMFXのアプリは好評です。

使いやすいのはもちろんですが、利用者の要望を取り入れて常にアップデートされています。

 

DMMFXの口コミはこちらの記事でまとめています。

【DMMFXの口コミ・評判】ツイッターのリアルな声まとめ

 

メリット6:キャッシュバックがある

DMMFXのメリット、6つめは「キャッシュバックがある」ことです。

 

DMMFXには、口座開設と500Lot以上の取引で2万円がもらえるキャッシュバックキャンペーンがあります。

普通にFX取引を始めるなら、2万円のキャッシュバックという特典がつくのはありがたいですね。

 

ちなみに僕もキャッシュバックキャンペーンで2万円もらえました。

2万円もらえた方法、詳しくはこちらの記事で解説しています。

【DMMFXの2万円キャンペーン攻略法】始め方と取引手順を解説

 

メリット7:安全性が高い

DMMFXのメリット、7つめは「安全性が高い」ことです。

 

DMMFXを運営しているDMM.com証券は、以下の3社に信託保全(しんたくほぜん)して投資家の資産を守っています。

  • 日証金信託銀行
  • SMBC信託銀行
  • FXクリアリング信託株式会社

 

信託保全のおかげで、仮にDMM.com証券が倒産した場合も投資している人に資金が返却される仕組みとなっています。

 

ちなみにDMM.com証券は、自己資本比率120%以上という法令で定められている基準をはるかに上回っていて、信託保全と合わせて安全性が高いことが分かりますね。

 

DMMFXのデメリット

DMMFXのデメリット

 

続いてDMMFXのデメリットも見ていきましょう。

 

DMMFXのデメリット

  • スキャルピングができない
  • 取扱いのない通貨もある
  • 少額取引ができない

 

順番に解説していきます。

 

デメリット1:スキャルピングができない

DMMFXのデメリット、1つめは「スキャルピングができない」ことです。

 

スキャルピングとは簡単に言うと「超短期売買取引」のこと。

DMMFXに限らず禁止にしている業者がほとんどで、やってしまうと口座凍結になる場合もあります。

 

DMMFXの禁止事項

短時間での注文を繰り返し行う行為

 

数秒~数分の間に取引きして勝ち負けを判断するギャンブルのような取引で、サーバーへの負担が大きくなります。

そうなると他のトレーダーの取引きにも影響が出てしまうため、DMMFXではスキャルピングができません。

 

デメリット2:取扱いのない通貨もある

DMMFXのデメリット、2つめは「取扱いのない通貨もある」ことです。

 

どのFX業者にも取扱いのない通貨というものはあります。

ではなぜデメリットかというと、人気の高金利通貨がDMMFXでは取扱われていないからです。

 

  • トルコリラ
  • メキシコペソ

 

上記の2つは高金利の通貨として人気ですが、残念ながらDMMFXでの取扱いはありません。

 

デメリット3:少額取引ができない

DMMFXのデメリット、3つめは「少額取引ができない」ことです。

 

DMMFXの取引単位は10,000通貨と、FX会社の中では標準的な数字。

しかし1,000通貨を取引単位にしているFX業者も増えてきました。

 

取引単位が小さいほど少額での取引きが可能で、利益も損失も少なくなります。

 

主要通貨の米ドル/円の取引なら5万円程度の軍資金が必要なので、小額から始めたい人にとってはデメリットとなりますね。

 

DMMFXの特徴

DMMFXの特徴

 

知っておくべきDMMFXの特徴は以下です。

 

DMMFXの特徴

  • 口座数が国内第1位
  • スプレッド縮小イベントがある
  • 取引ツールが豊富

 

順番に解説していきます。

 

特徴1:口座数が国内第1位

DMMFXの特徴、1つめは「口座数が国内第1位」ということです。

 

DMMFXの口座数は2020年8月31日時点で80万口座を突破。

多くの人がDMMFXを利用していることが分かりますね。

 

利用者が多いことでコストが安くできるなど、利用者にメリットが還元されやすいと言えます。

 

特徴2:スプレッド縮小イベントがある

DMMFXの特徴、2つめは「スプレッド縮小イベントがある」ことです。

 

DMMFXのスプレッドは業界でもかなり低い水準ですが、期間限定でさらにスプレッドが縮小されるイベントも実施されます。

 

最新のスプレッド縮小キャンペーン

期間 2020年10月12日~12月19日
米ドル/円 0.2銭→0.1銭
ユーロ/円 0.5銭→0.3銭
ポンド/円 1.0銭→0.6銭
豪ドル/円 0.7銭→0.4銭
NZドル/円 1.2銭→0.9銭
南アランド/円 1.0銭→0.8銭
ユーロ/米ドル 0.4pips→0.3pips
ポンド/米ドル 1.0pips→0.6pips
豪ドル/米ドル 0.9pips→0.4pips

 

DMMFXのスプレッド縮小期間

赤枠の部分が期間限定の縮小されたスプレッドになっていますね。

 

特徴3:取引ツールが豊富

DMMFXの特徴、3つめは「取引ツールが豊富」ということです。

 

使いやすさと高機能が備わっていて、アップデートもされるDMMFXの取引ツール。

以下のように豊富なツールが用意されています。

 

PC版取引ツール

  • DMMFX PLUS
  • DMMFX STANDARD

 

DMMFX 取引ツール

 

取引補助ツール

  • プレミアチャート
  • 取引通信簿

 

スマホ版取引ツール

  • スマホアプリDMMFX
  • DMMFX for smart phone

 

DMMFX 取引ツール

 

【DMMFXのメリット・デメリット】知っておくべき特徴も解説:まとめ

【DMMFXのメリット・デメリット】知っておくべき特徴も解説:まとめ

 

ではこの記事のポイントをまとめます。

 

DMMFXのポイント

  • キャッシュバックやポイントサービスがある
  • スプレッド縮小期間があり取引コストが安い
  • 口座数は国内第1位

 

DMMFXは人気と知名度が高く、スプレッドも原則固定で狭いので取引コストを安く抑えられます。

24時間対応のLINEサポートで質問しても2分ほどですぐ返ってきます。

もしDMMFXを始めるなら2万円キャンペーンからのスタートがお得です。

 

「DMMFX」公式サイト

 



DMMFXのキャンペーンを詳しく見る→

 

 

「DMMFX」の2万円キャッシュバックでの始め方はこちらの記事で詳しく解説しています。

【DMMFXの2万円キャンペーン攻略法】始め方と取引き手順を見る→

 

 

DMMFXの記事一覧へ

 

ぶろぐトップへ戻る

 

-DMMFX

© 2020 はいりふる ぶろぐ Powered by AFFINGER5