【知らないと危険】DMMFXのメリットとデメリットを詳しく解説

DMMFX

【知らないと危険】DMMFXのメリットとデメリットを詳しく解説

「DMMFXは何がいいのか知りたい」

「悪いところもあるはず」

「使ってから後悔したくない」

 

DMMFXは評判も良く、メリットがたくさんあります。

しかしデメリットもあるので、損しないためにも知っておきましょうね。

 

DMMFXを使っている僕が、メリットとデメリットを徹底解説します。

 

記事の内容

  • DMMFXのメリット
  • DMMFXのデメリット
  • 知っておくべき特徴

 

DMMFXのメリットとデメリットを理解できるので、自分に合うのか分かりますよ。

 

メリットデメリット
24時間サポート体制があるスキャルピングができない
スプレッドが狭い取扱いのない通貨もある
取引でポイントが貯まる少額取引ができない
各手数料が無料入出金は日本円のみ
アプリが使いやすい
2万円キャッシュバックがある
安全性が高い
デモ口座で勉強できて商品ももらえる
スプレッド縮小期間がある
早朝でもスプレッドが広がりにくい

 


 

【知らないと危険】DMMFXのメリットとデメリットを詳しく解説

【知らないと危険】DMMFXのメリットとデメリットを詳しく解説

 

DMMFX(ディーエムエムエフエックス)は株式会社DMM.com証券(ディーエムエムドットコム)が運営するFX取引サービスです。

 

DMMFX:基本情報

運営会社株式会社DMM.com証券(DMM.comグループ)
国内口座数80万口座以上
スプレッド通常時0.2(ドル/円)
最小取引単位10,000通貨
取扱い通貨ペア20種類
レバレッジ25倍
本社所在地東京都中央区日本橋2-16-11日本橋セントラルスクエア2F
設立2006年12月6日
加入団体日本証券業協会(協会員番号1105)/一般社団法人 金融先物取引業協会(協会員番号1145)/日本投資者保護基金/日本商品先物取引協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会(協会員番号480)
登録・許可第一種金融商品取引業/第二種金融商品取引業/商品先物取引業/関東財務局長(金商)第1629号
備考2万円キャッシュバックキャンペーンあり

 

国内口座数第1位のDMMFXは2万円キャッシュバックキャンペーンやスプレッド縮小イベント、取引ポイント制度の導入など利用者の満足度も高め。

 

そんな良いところがいっぱいのDMMFXですが、知らないと危険なデメリットもあるのでチェックしていきましょう。

まずはメリットから順番に解説していきますね。

 

DMMFXのメリット

DMMFXのメリット

 

DMMFXのメリット

  • 24時間サポート体制がある
  • スプレッドが狭い
  • 取引でポイントが貯まる
  • 各手数料が無料
  • アプリが使いやすい
  • キャッシュバックがある
  • 安全性が高い
  • デモ口座で勉強できて商品ももらえる
  • スプレッド縮小期間がある
  • 早朝でもスプレッドが広がりにくい

 

順番に解説していきます。

 

メリット⓵:24時間サポート体制がある

DMMFXは24時間365日サポートしてくれる体制があります。

電話やメールでのお問い合わせだけでなく、LINEでいつでも質問できるんですよ。

 

【DMMFX:10のメリットとデメリット4つ】知っておくべき3つの特徴も解説

ちなみにLINEでのサポートを開始したのは、DMMFXがFX業界で初めて。

画像のように友達とのLINE感覚で気軽に質問できて、返事もすぐに返ってきます。

 

電話が苦手な人は助かりますね。

ちなみにログインしなくても赤枠部分をタップすればLINEでのやりとりは可能です。

【DMMFX:10のメリットとデメリット4つ】知っておくべき3つの特徴も解説

 

メリット②:スプレッドが狭い

DMMFXのスプレッド業界最狭水準で米ドル/円なら0.2銭の原則固定。

 

後ほど特徴でも説明しますが、スプレッド縮小期間イベント中はさらに小さくなり米ドル/円が0.1銭となります。

スプレッドが狭いので取引コストも安く抑えられますね。

 

メリット③:取引でポイントが貯まる

DMMFXには「取引応援ポイントサービス」があり、取引すればするほどポイントが貯まります。

 

【DMMFX:10のメリットとデメリット4つ】知っておくべき3つの特徴も解説

 

取引実績によって3つのランク(ゴールド・シルバー・ブロンズ)に分けられて、ゴールドランクなら3倍のポイントが付与されます。

貯まったポイントは換金できたり取引に使えたりするんです。

 

ポイントサービスの詳細

  • 1ポイント=1円
  • 現金に交換可能
  • 取引にも利用可能
  • 新規1Lot毎に付与
  • 1年使わないと失効

 

メリット④:各種手数料が無料

DMMFXでは以下のすべての手数料が0円なので、費用がほとんどかかりません。

実質的にかかる手数料はスプレッドだけですね。

  • 取引手数料
  • 口座維持手数料
  • ロスカット手数料
  • 出金手数料
  • 口座開設手数料
  • クイック入金手数料

 

メリット⑤:アプリが使いやすい

口コミや評判でもたくさん言われてましたが、DMMFXの取引きツールアプリは好評です。

使いやすいのはもちろんですが、利用者の要望を取り入れて常にアップデートされているのがいいですね。

 

メリット⑥:キャッシュバックがある

DMMFXには、口座開設と500Lot以上の取引で2万円がもらえるキャッシュバックキャンペーンがあるんです。

普通にFXの運用を始めるなら、2万円のキャッシュバックという特典をつけて始めたいですよね。

 

ちなみに僕もキャッシュバックキャンペーンで2万円もらえました。

 

メリット7:安全性が高い

DMMFXを運営しているDMM.com証券は、以下の3社に信託保全(しんたくほぜん)して投資家の資産を守っています。

  • 日証金信託銀行
  • SMBC信託銀行
  • FXクリアリング信託株式会社

 

信託保全とは、仮にDMM.com証券が倒産した場合も投資している人に資金が返却される仕組みのこと。

 

ちなみにDMM.com証券は自己資本比率120%以上という法令で定められている基準をはるかに上回っているので、信託保全と合わせて安全性が高いと言えますね。

 

メリット⑧:デモ口座で勉強できて商品ももらえる

DMMFXでは無料で始められるデモ取引でFXのやり方を学べます。

デモ口座で仮想通貨を取引して利益が多いと、実際に現金や商品がもらえるんです。

 

上位1,000人まではご褒美がもらえて運用成績が1位だとなんと30万円もらえます。

 

メリット⑨:スプレッド縮小期間がある

DMMFXのスプレッドは業界でもかなり狭い水準ですが、期間限定でさらにスプレッドが縮小されるイベントも開催されます。

 

スプレッド縮小キャンペーン

米ドル/円0.2銭→0.1銭
ユーロ/円0.5銭→0.3銭
ポンド/円1.0銭→0.6銭
豪ドル/円0.7銭→0.4銭
NZドル/円1.2銭→0.9銭
南アランド/円1.0銭→0.8銭
ユーロ/米ドル0.4pips→0.3pips
ポンド/米ドル1.0pips→0.6pips
豪ドル/米ドル0.9pips→0.4pips

スプレッド縮小キャンペーン中は、取引きにかかるコストが安く抑えられるので利益も出しやすくなります。

 

【DMMFX:10のメリットとデメリット4つ】知っておくべき3つの特徴も解説

赤枠の部分が期間限定の縮小されたスプレッドになっていますね。

 

メリット⑩:早朝でもスプレッドが広がりにくい

どのFX会社でも早朝の時間帯はスプレッドが広がりやすく不安定な取引になりがち。

もちろんDMMFXもスプレッドは変動しやすくなりますが、他社よりも比較的広がりにくいです。

 

またスリッページの許容範囲を設定できるので、不利な取引になった場合は約定しない(取引確定しない)こともできます。

 

DMMFXのデメリット

DMMFXのデメリット

 

DMMFXのデメリット

  • スキャルピングができない
  • 取扱いのない通貨もある
  • 少額取引ができない
  • 入出金は日本円のみ

 

順番に見ていきましょう。

 

デメリット⓵:スキャルピングができない

スキャルピングとは簡単に言うと「超短期売買取引」のことです。

DMMFXに限らずスキャルピングを禁止にしているFX業者が多く、やってしまうと口座凍結になる場合もあります。

 

DMMFXの禁止事項

短時間での注文を繰り返し行う行為

 

数秒~数分の間に取引きして勝ち負けを判断するギャンブルのようなFX取引で、FX会社のサーバーへの負担が大きくなります。

そうなると他のトレーダーの取引きにも影響が出てしまうため、DMMFXではスキャルピングができません。

 

デメリット②:取扱いのない通貨もある

どのFX業者にも取扱いのない通貨というものはあります。

ではなぜデメリットかというと、人気の高金利通貨がDMMFXでは取扱われていないからです。

 

  • トルコリラ
  • メキシコペソ

この2つは高金利の通貨として人気ですが、残念ながらDMMFXでの取扱いはありません。

 

デメリット③:少額取引ができない

DMMFXの取引単位は「10,000通貨」でFX会社の中では標準的な数字です。

 

しかし1,000通貨を取引単位にしているFX業者も増えてきました。

取引単位が小さいほど少額での取引きが可能で、利益も損失も少なくなります。

 

主要通貨の米ドル/円の取引ならDMMFXの場合、5万円程度の軍資金が必要です。

もっと小額から始めたい人にとってはデメリットかもですね。

 

デメリット④:入出金は日本円のみ

DMMFXの口座に入金する場合や出金する場合は日本円のみとなります。

例えば手持ちで余っている外貨などがあっても入金したりはできません。

 

外貨が余っている人にとってはデメリットですね。

 

DMMFXの特徴

DMMFXの特徴

 

知っておくべきDMMFXの特徴3つを解説します。

 

DMMFXの特徴

  • 口座数が国内第1位
  • レバレッジは25倍
  • 取引ツールが豊富

 

順番に解説していきます。

 

特徴⓵:口座数が国内第1位

DMMFXの口座数は80万口座を突破。

それだけ多くの人がDMMFXを利用しているということですね。

 

利用者が多いことでコストが安くできるなど、利用者にメリットが還元されやすいと言えます。

 

特徴②:レバレッジは25倍

DMMFXのレバレッジは25倍設定です。

レバレッジを効かせた取引ができるので少ない資金で大きな利益を出すこともできますよ。

しかし言い換えれば、損失も大きくなる場合があるので注意しましょうね。

 

ちなみに国内のFX業者はほとんどがレバレッジ25倍です。

FXはレバレッジを効かせられる資産運用なので、儲けた時のうまみが大きいと言えます。

 

特徴③:取引ツールが豊富

使いやすさと高機能が備わっていて、アップデートもされるDMMFXの取引ツール。

DMMFXには豊富なツールが用意されています。

 

見やすくて使いやすい、常にユーザーのためにアップデートされているツールは好評ですよ。

 

PC版取引ツール

  • DMMFX PLUS
  • DMMFX STANDARD

 

【DMMFX:10のメリットとデメリット4つ】知っておくべき3つの特徴も解説

 

取引補助ツール

  • プレミアチャート
  • 取引通信簿

 

スマホ版取引ツール

  • スマホアプリDMMFX
  • DMMFX for smart phone

 

【DMMFX:10のメリットとデメリット4つ】知っておくべき3つの特徴も解説

 

個人的にはPC版もスマホ版も見やすく、外出先でも素早くチェックできるので助かってます。

 

【知らないと危険】DMMFXのメリットとデメリットを詳しく解説:まとめ

【知らないと危険】DMMFXのメリットとデメリットを詳しく解説:まとめ

 

ではDMMFXのメリット/デメリットをおさらいします。

メリットデメリット
24時間サポート体制があるスキャルピングができない
スプレッドが狭い取扱いのない通貨もある
取引でポイントが貯まる少額取引ができない
各手数料が無料入出金は日本円のみ
アプリが使いやすい
2万円キャッシュバックがある
安全性が高い
デモ口座で勉強できて商品ももらえる
スプレッド縮小期間がある
早朝でもスプレッドが広がりにくい

 

DMMFXはスプレッドが狭く原則固定なので、取引にかかるコストを安く抑えることができるんです。

24時間対応のLINEサポートやお得なキャンペーンも充実。

 

スキャルピングのような短時間での売買取引をしない方なら、総合的に見てDMMFXがオススメです。

「DMMFX」公式サイト

 



DMMFXの最新情報を見る→

 

 

DMMFX:関連記事

 

 

関連カテゴリー

 

 

ブログホームへ戻る

 

-DMMFX

© 2021 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5