【総合評価】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評判や口コミまとめ

eMAXISSlim米国株式:S&P500(投資信託)

【総合評価】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評判や口コミまとめ

投資信託「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」のリアルな口コミや評判が知りたい方は必見。

この記事では、実際にある良い口コミや悪い評価をまとめました。

 

実際にS&P500に積み立て投資している僕が、評判や口コミを解説しますね。

 

記事の内容

  • eMAXISSlim米国株式(S&P500)とは
  • 悪い評判・口コミ
  • 良い評判・口コミ
  • 総合評価

 

S&P500の総合的な評価や、自分に合うかどうかが分かりますよ。

 

良い評判・口コミ悪い評判・口コミ
純資産が多い下落する場合もある
ランキングで上位アメリカ経済に依存している
ポイントで購入可値動きが小さくてつまらない
手数料(信託報酬)が安い
つみたてNISAやiDeCoにも対応
個別株下落のリスクヘッジになる
米国市場の大型株にまとめて投資できる

 

総合評価

  • 手数料が安い
  • アメリカ経済に集中投資
  • 投資信託ランキングで上位

 

eMAXISSlim米国株式(S&P500)を扱っていて、無料で口座開設できる証券会社

証券会社特徴
LINE証券LINEポイントで取引可能/アプリだけでできる/1株から買える
松井証券還元率が高い/投信毎月現金還元サービス
マネックス証券毎日積み立て可/高機能トレードツール
SBI証券Tポイント貯まる/クレカで購入できる
楽天証券楽天ポイント貯まる/楽天カード決済可

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは

 

eMAXISSlim米国株式(S&P500)とは、簡単にいうと米国経済の主要500社の株価と連動する投資信託。

三菱UFJ国際投信の投資信託商品「eMAXISシリーズ」の1つで「イーマクシススリム」や「エスピー500」などと呼ばれます。

ちなみにイーマクシスシリーズのコンセプトは、「ノーロード(買い付け手数料ゼロ)で業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」です。

 

eMAXISSlim米国株式(S&P500):基本情報

ファンド名称eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
基準価額17,583円
純資産総額1兆51億円
運用会社三菱UFJ国際投信株式会社
電話番号0120-151-034
信託報酬(税込)0.0968%
購入時手数料0円
信託財産留保額0円
ベンチマークS&P500指数
投資先S&P500指数に採用されている株式等
属性追加型投信/海外/株式/インデックス型
為替ヘッジなし
設立日2018年7月3日
決算日4月25日
運用方針S&P500指数に連動する投資成果を目標とした運用

*2022年3月4日時点

 

eMAXISSlim米国株式(S&P500)は投資信託説明書(交付目論見書)にも記載されていますが、「S&P500指数」の値動きに連動した運用をめざすインデックス型ファンドです。

 

S&P500指数とは

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが算出していて、米国で時価総額が大きい主要500社の株価指数

 

簡単にいうと米国企業の上位500社をもとに算出した株価のこと。

eMAXISSlim米国株式(S&P500)は、この株価指数に連動するよう銘柄を選定し資産運用を行っています。

ちなみに組み入れられる500社は経営状況をもとに定期的に見直されるので、つねに好調の企業に投資できるんです。

 

主な投資先銘柄

  • マイクロソフト
  • アップル
  • アマゾン
  • テスラ
  • メタ・プラットフォーム(元フェイスブック)
  • JPモルガン

などアメリカを代表するような超巨大企業が投資の対象。

つまりアメリカ企業の中の上位500社を選んで投資してくれるので今後も成長が期待できるといえます。

 

悪い評判・口コミ

【総合評価】iFreeレバレッジNASDAQ100の評判・口コミまとめ

 

悪い評判・口コミ

  • 下落する場合もある
  • アメリカ経済に依存している
  • 値動きが小さくてつまらない

 

⓵:下落する場合もある

 

 

S&P500などの投資信託はノーリスクで資産が増やせるわけではありません。

保有資産の価値が上がる場合もあれば、経済状況や世界情勢によっては下落する場合もあります。

 

②:アメリカ経済に依存している

 

 

イーマクシスシリーズには米国株式(S&P500)以外にも、全世界株式(オルカン)などがあります。

世界経済に投資する全世界株式より、アメリカ経済だけに投資するS&P500の方がリスクが高くて怖いという意見。

 

たしかに全世界に投資する方が、アメリカだけに投資するよりリスクは分散できるといえるかもしれません。

しかし世界経済の中心はやはりアメリカ。

アメリカ経済への投資と世界経済への投資はそこまで大差ないという意見があるのも事実です。

 

③:値動きが小さくてつまらない

 

S&P500などのインデックス型の投資信託は値動きが大きいとは言えません。

さらに長期で積み立てた場合、ほとんどすることがないのでつまらなく感じるという意見もあります。

ただし放置してできるので、「資産運用に時間をとられない」というメリットがあるとも言えますね。

 

良い評判・口コミ

【総合評価】iFreeレバレッジNASDAQ100の評判・口コミまとめ

 

良い評判・口コミ

  • 純資産が多い
  • ランキングで上位
  • ポイントで購入できる
  • 手数料(信託報酬)が安い
  • つみたてNISAやiDeCoにも対応
  • 個別株下落のリスクヘッジになる
  • 米国市場の大型株にまとめて投資できる

 

⓵:純資産が多い

 

 

S&P500の純資産は、設立以来どんどん増えて総額1兆円を突破。

規模が大きくなっているのでそれだけ余裕のある運用ができるといえます。

 

②:ランキングで上位

 

 

S&P500は、投資信託の「ネット証券の積立契約ランキング」「楽天での買い付けランキング」などさまざまなランキングで上位に入っています。

人気の高さが分かりますね。

 

③:ポイントで購入できる

 

 

S&P500は現金やクレカ以外に、さまざまなポイントでも購入できるんです。

LINEを使っている方LINE証券
Tポイントを貯めている方SBI証券
楽天ポイントを使いたい方楽天証券

上記以外の証券会社も独自のポイントサービスが使えます。

現金はできるだけ使いたくないという方にとっても、保有しているポイントで購入できるのは嬉しいですね。

 

④:手数料(信託報酬)が安い

 

 

手数料が安いという意見は多かったです。

S&P500の手数料は、おもに信託報酬の0.0968%。

投資信託には

  • インデックス型ファンド
  • アクティブ型ファンド
  • バランス型ファンド

があり、それぞれ手数料の相場は違います。

 

S&P500のようなインデックス型ファンドの平均的な手数料は0.1%前後と安いんです。

これと比べてアクティブ型ファンドの「iFreeレバレッジNASDAQ100」の手数料は約1%、「楽天日本株4.3倍ブル」の手数料は約1.243%と10倍ほどの差があります。

 

⑤:つみたてNISAやiDeCoにも対応

 

 

資産形成するなら使っておきたい積み立てNISAやiDeCo。

税金の面でお得になる制度に対応しているのは助かりますね。

 

⑥:個別株下落のリスクヘッジになる

 

投資信託は分散投資なので、1つの銘柄が下落しても他の銘柄でカバーできればリスクヘッジになります。

S&P500を保険として積み立てておくのもありですね。

 

⑦:米国市場の大型株にまとめて投資できる

 

S&P500に投資しておけば「米国株に投資したいけど詳しくない」という人でも、自動的にアメリカの主要企業に投資できるんです。

投資先はアメリカ経済を引っ張る企業がほとんどなので、成長が期待できますね。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の総合評価

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の総合評価

 

総合評価

  • 手数料が安い
  • アメリカ経済に集中投資
  • 投資信託ランキングで上位

 

⓵:手数料が安い

口コミでも多かった「手数料の安さ」は高評価ポイントですね。

インデックス型のファンドはコストが安く、その中でもS&P500は一番。

例えば、低コストと言われるニッセイ外国株式インデックスファンドの手数料は「税込0.1023%」ですが、S&P500の手数料は「税込0.0968%」です。

 

②:アメリカ経済に集中投資

「全世界」「新興国」「先進国」が投資対象というファンドもある中、S&P500はアメリカ経済の主要500社への集中投資。

集中的な投資は、経済状況によって良くも悪くもなるんです。

 

アメリカ経済が好調なら利益も大きくなりますが、不調の場合は株価下落のダメージを分散できません。

ただし世界経済の中心であるアメリカが不調なら、世界経済も不調という意見があります。

 

③:投資信託ランキングで上位

S&P500は投資信託ランキングで上位

 

S&P500は口コミにあったように「ネット証券の積立契約ランキング」「楽天での買い付けランキング」など、あらゆる投資信託のランキングで上位に入っています。

上の画像は松井証券の「資金流入ランキング」ですが同じように「純資産ランキング」も2位。

実際いろいろ見てみると、S&P500はほとんどのランキングでトップ3にランクインしていました。

 

【総合評価】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評判や口コミ:まとめ

【総合評価】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評判や口コミ:まとめ

 

ではeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価や口コミについておさらいします。

 

良い評判・口コミ悪い評判・口コミ
純資産が多い下落する場合もある
ランキングで上位アメリカ経済に依存している
ポイントで購入可値動きが小さくてつまらない
手数料(信託報酬)が安い
つみたてNISAやiDeCoにも対応
個別株下落のリスクヘッジになる
米国市場の大型株にまとめて投資できる

 

総合評価

  • 手数料が安い
  • アメリカ経済に集中投資
  • 投資信託ランキングで上位

 

低コストで投資信託ランキングでも上位のS&P500。

世界経済の中心ともいわれるアメリカの大型企業にまとめて投資したい方にはオススメといえます。

 

eMAXISSlim米国株式(S&P500)を扱っていて、無料で口座開設できる証券会社

証券会社特徴
LINE証券LINEポイントで取引可能/アプリだけでできる/1株から買える
松井証券還元率が高い/投信毎月現金還元サービス
マネックス証券1毎日積み立て可/高機能トレードツール
SBI証券Tポイント貯まる/クレカで購入できる
楽天証券1楽天ポイント貯まる/楽天カード決済可

 

 

eMAXISSlim米国株式(S&P500):関連記事

 

 

関連カテゴリー

 

ブログホームへ戻る

 

-eMAXISSlim米国株式:S&P500(投資信託)

© 2022 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5