【これが実情】自由で楽しいだけじゃない!車中泊ドライブ旅行のメリットとデメリット

車中泊ドライブ旅

【これが実情】自由で楽しいだけじゃない!車中泊ドライブ旅行のメリットとデメリット

車中泊しながらのドライブ旅行は、人混みを避けつついろんな場所に行けると人気です。

 

車内で寝泊まりする車旅は、宿泊費用を節約できる以外にも自由度の高さなどメリットがたくさん。

しかし意外と知られていない危険なデメリットも潜んでいるんです。

 

車中泊ドライブ旅行歴10年以上の僕が、メリットとデメリットを解説します。

 

記事の内容

  • 車中泊ドライブ旅行のメリット
  • 車中泊ドライブ旅行のデメリット
  • まとめ

 

メリットとデメリットが分かるので、旅をイメージしやすくなりますよ。

 

メリットデメリット
宿泊代を節約できるガソリン代や高速代がかかる
道路があればどこでもいけるエコノミークラス症候群のリスク
自由なスケジュール熟睡できない人もいる
混雑や密状態を回避できる乗車人数に制限がある
トラブルや待ち時間を回避できる
荷物の持ち運びが楽
交通費を節約できる

 

車中泊ドライブ旅行のメリット

車中泊ドライブ旅行のメリット

車中泊ドライブ旅行のメリット

  • 宿泊代を節約できる
  • 道路があればどこでもいける
  • 自由なスケジュール
  • 混雑や密状態を回避できる
  • 混雑や待ち時間を回避できる
  • 荷物の持ち運びが楽
  • 交通費を節約できる

 

では順番に見ていきましょう。

 

メリット1:宿泊代を節約できる

一般的に旅行をするとなると宿泊代がかかりますよね。

 

長期間の旅行であれば、宿泊代も積み重なりお金が予想以上にかかります。

しかし車中泊しながらのドライブ旅行なら、寝るのは車の中なので宿泊代は0円。

 

浮いた宿泊代で、美味しいご当地グルメを楽しむこともできますよ。

 

ちなみに車内で寝る際には「サンシェード」という窓ガラスにつけるカーテンが必須です。

最低限の必要な持ち物なので揃えておきましょうね。

 

メリット1

  • 宿泊代は0円
  • 旅の費用を節約できる

 

メリット2:道路があればどこでもいける

どこまでも続く道路

車中泊ドライブ旅行なら道路があれば日本中どこへでもいけます。

ドライブ好きなら、目的地までの道のりだけでも楽しいですよね。

 

日本国内ならほとんど行けない場所はないですよ。

 

メリット2

  • ドライブを楽しめる
  • 行けないところはほぼない

 

メリット3:自由なスケジュール

山頂で車中泊
車中泊ドライブ旅行はスケジュールを自由に決められます。

交通機関の出発時間や宿泊施設のチェックイン時間に合わせる必要がないからです。

 

また目的地の臨時休業や悪天候でも柔軟にスケジュールを変更できます。

旅行中に雨が降ってきてた場合、目的地が屋外の場所なら屋内で楽しめる場所へと変更すれば大丈夫。

 

メリット3

  • 時間に縛られない
  • 急な予定変更ができる

 

メリット4:混雑や密状態を回避できる

新幹線や高速バスなど公共の交通機関を使った旅では、車内が密状態になることもありますよね。

また飛行機の搭乗手続きは混雑し人混みが苦手な方にはストレスです。

 

しかし車中泊ドライブ旅行なら自分だけのパーソナルスペースを確保できるのでストレスなし。

車内のゆったりとした空間で好きな音楽を聴きながら、まったりとドライブの旅を楽しめます。

デートでも2人だけの空間が確保されているのでオススメ。

 

メリット4

  • 密な状態を避けられる
  • ストレスや気疲れがない

 

メリット5:トラブルや待ち時間を回避できる

時計

例えば飛行機の旅行なら機材のトラブルや悪天候で遅れたり欠航したりしますよね。

電車なら遅延や乗り換えの待ち時間もムダになります。

 

車中泊ドライブ旅行なら自分のペースで旅ができるので、待ち時間などなく時間を有効に活用できます。

予定も崩れにくいですよね。

渋滞に巻き込まれないようにだけ注意すればいいんです。

 

メリット5

  • 時間を有効に使える
  • 予定が崩れにくい

 

メリット6:荷物の持ち運びが楽

たくさんのバッグと荷物
旅先ではご当地限定のお土産をたくさん買って帰りたいですよね。

そうなると帰りの荷物って多くなりませんか?

 

車中泊ドライブ旅行なら荷物が多くなっても車に積んでしまうだけなので持ち運びが楽なんです。

電車などの場合だと大量の荷物での移動はしにくいですし、周りから迷惑がられて嫌な気分になりますよね。

 

メリット6

  • 荷物の持ち運びで疲れない
  • お土産を我慢しなくていい
  • 周囲から迷惑がられない

 

メリット7:交通費を節約できる

お金

特に2人以上で旅をする場合、車中泊ドライブ旅行なら交通費を大きく節約できます。

 

新幹線や飛行機を使った旅では、1人につき1人分の交通費がかかりますよね。

しかし車中泊ドライブ旅なら、何人いても車1台分の交通費だけでいいんです。

 

メリット7

  • 人数分の交通費がまとめられる
  • 公共の交通機関より安い場合が多い

 

車中泊ドライブ旅行のデメリット

車中泊ドライブ旅行のデメリット

 

車中泊ドライブ旅行のデメリット

  • ガソリン代や高速代がかかる
  • エコノミークラス症候群のリスク
  • 熟睡できない人もいる
  • 乗車人数に制限がある

 

順番に解説していきますね。

 

デメリット1:ガソリン代や高速代がかかる

ガソリンを給油している人

 

車中泊ドライブ旅行のデメリットといえばガソリン代や高速代がかかることです。

 

燃費のいい車もたくさんありますが、それでもある程度のガソリン代はかかります。

高速道路を使う旅行であれば、さらに高速料金もかかります。

ちなみに高速道路を安く使う方法もあるので覚えておくと損しませんよ。

  • ETC割引
  • 深夜割引
  • 休日割引
  • 平日朝夕割引
  • 軽自動車割引

 

しかし高速バスなどの公共の交通機関でも、ガソリン代や高速代が利用料金に上乗せされているので実際はそこまで変わりません。

 

デメリット1

  • ガソリン代が高くつく場合もある
  • 早く移動したい時は高速代もかかる

 

デメリット2:エコノミークラス症候群のリスク

車中泊ドライブ旅行では長時間の運転による「エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)」のリスクもあります。

 

長時間ずっと同じ姿勢で運転を続けていると、体の血流が悪くなり血栓ができやすくなるんです。

こまめに休憩をはさんだり、適度に体を動かし足りするなど対策をとりましょうね。

 

デメリット2

  • 血流が悪くなりやすい
  • こまめに体操しよう

 

デメリット3:熟睡できない人もいる

車中泊ドライブ旅行では、車の中という普段と違った環境で寝泊まりします。

人によっては眠りにくかったり睡眠が浅くなったりすることもあるかもしれません。

 

マットレスなどを敷いて、できるだけ柔らかい場所で寝るなど対策をたてておくといいですよ。

 

デメリット3

  • 眠れない人は疲れがとれにくい
  • マットレスや布団があるといい

 

デメリット4:乗車人数に制限がある

運転中の車内のハンドル

 

車1台で旅をする場合、乗車人数の制限があるので一緒に行ける人数も制限されます。

国土交通省:乗車人数のカウント方法

大人1人(12歳以上)=子供1.5人(12歳未満)

国土交通省:道路運送車両の保安基準・第53条(乗車定員及び最大積載量)より引用

 

どうしても大人数で旅行する場合は、車の台数を増やしましょう。

団体旅行などの大人数には向いていません。

 

ちなみに車中泊をする場合は、寝るスペースを考える必要があるので乗車定員ギリギリの人数では厳しいです。

車種にもよりますが車1台なら多くても大人は3人まで、家族なら大人2人と子供2人がギリギリ。

 

デメリット4

  • 大人数でわいわいできない
  • 乗車人数のルールを守る必要がある

 

【これが実情】自由で楽しいだけじゃない!車中泊ドライブ旅行のメリットとデメリット: まとめ

【これが実情】自由で楽しいだけじゃない!車中泊ドライブ旅行のメリットとデメリット: まとめ
では車中泊ドライブ旅行のメリットとデメリットをおさらいします。

 

メリットデメリット
宿泊代を節約できるガソリン代や高速代がかかる
道路があればどこでもいけるエコノミークラス症候群のリスク
自由なスケジュール熟睡できない人もいる
混雑や密状態を回避できる乗車人数に制限がある
トラブルや待ち時間を回避できる
荷物の持ち運びが楽
交通費を節約できる

 

ポイント

  • 車中泊ドライブ旅は自由度が高い
  • 宿泊費など節約して旅ができる
  • エコノミー症候群の危険がある

 

車中泊ドライブ旅行は本当に自由で楽しいです。

しかし知っておかないと危険なデメリットもあるので、旅する前にしっかり把握しておきましょうね。

 

トラブル時の対応方法

1:体調不良や場所がないなどで車中泊できない

無理して車内泊にこだわらず、近くのホテルや旅館を探しましょう。

周辺の宿泊施設を一括検索するなら、僕も愛用している「じゃらんnet」「国内旅行JTB」がオススメ。

 

2:悪天候でレジャーや観光が中止になった

代わりの観光スポットやレジャー施設を探しましょう。

レジャー・観光予約情報サイト「asoview!(アソビュー)」で検索可能。

 

3:自分の車を家族が使う、車を持っていない

レンタカーでサクッと解決です。

たびらいレンタカー」は料金が安く範囲も広いのでオススメ。

 

4:旅行中に車が故障した

すぐにJAFを呼びましょう。「JAF公式サイト

 

 

車中泊ドライブ旅:関連記事

 

 

関連カテゴリー

 

 

ブログホームへ戻る

 

-車中泊ドライブ旅

© 2021 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5