【車中泊ドライブ旅の始め方】準備から旅に出るまでを初心者向けに徹底解説

車中泊ドライブ旅

【車中泊ドライブ旅の始め方】準備から旅に出るまでを初心者向けに徹底解説

「車中泊デビューしたいな」

「何から始めればいいんだろう」

「長距離ドライブ旅行は不安だな」

 

車中泊をしながらドライブで日本各地をまわる旅、楽しいだけじゃなく人生経験値も上がります。

しかし手順や注意すべきポイントを知らないと危険な場合もあるんです。

 

車中泊ドライブ旅歴10年以上の僕が、準備から旅に出るまでの始め方を徹底解説しますね。

 

記事の内容

  • 車中泊ドライブ旅で必要なもの
  • 車中泊する場所
  • 車中泊のマナー
  • 高速道路の料金割引
  • コツと注意点
  • メリット・デメリット
  • 初心者が気を付けるべきポイント
  • 車中泊ドライブ旅に出よう

 

初心者でも車中泊のドライブ旅を楽しめるようになりますよ。

 

車中泊ドライブ旅の始め方

  • 必要最低限のアイテムだけ揃える
  • 車中泊のマナーや場所を守ろう
  • 高速道路は安く使おう
  • エコノミークラス症候群に注意
  • まずは1泊2日から始めよう

 

目次

【車中泊ドライブ旅の始め方】準備から旅に出るまでを初心者向けに徹底解説

【車中泊ドライブ旅の始め方】準備から旅に出るまでを初心者向けに徹底解説

 

車中泊しながらのドライブ旅は、自分のペースで旅行できる自由さが魅力的です。

10年以上車中泊ドライブ旅をしてきましたが、経験値も上がり精神的な強さも身につきますよ。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順

  1. 必要なものを準備
  2. 車中泊する場所を確認
  3. 車中泊のマナーを守る
  4. 高速道路の料金割引を利用
  5. コツと注意点の確認
  6. メリット・デメリットを把握
  7. 気を付けるべきポイントを確認
  8. 旅に出る

 

いつか始めようと思っていたなら、まずは1泊2日から気軽に始めてみましょう。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順1:必要なものを準備

車中泊ドライブ旅で必要なもの

 

車中泊ドライブ旅の始め方、手順の1つめは必要なものを揃えて準備することです。

旅を始めるために最低限これだけは必要というアイテムを8個だけ厳選したので参考にしてみてください。

 

必須の持ち物

  • 車用の充電器
  • サンシェード
  • マットレス
  • クーラーボックス
  • トラベルセット
  • ドライブレコーダー
  • 虫よけスプレー
  • 防寒具

 

車中泊ドライブ旅に必要なアイテムは、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

【車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選】必須アイテムと使っている感想
【車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選】必須アイテムと使っている感想

続きを見る

 

僕も実際に愛用しているので順番に解説していきますね。

 

必要なもの1:車用の充電器

 

車用の充電器がないと、車内でスマホの充電ができません。

スマホが使えないと緊急時の連絡や宿泊する場合の予約もできなくなるので必ず揃えておきましょうね。

 

車中泊ドライブ旅では車を走らせながら携帯機器を充電する場合がほとんどです。

名称は「カーチャージャー」「シガーソケット」「USB充電器」などいろいろありますよ。

 

必要なもの2:サンシェード

 

サンシェードとは車中泊で眠る時などに窓ガラスに設置するカーテンのことで、防犯用の目隠しをする役割があるんです。

設置していないと車内が丸見えで落ち着かないので、プライバシー保護のためにも準備しておきましょう。

 

サンシェードがあれば、夏は車内温度の上昇を抑えられて冬は保温効果もあります。

車種に合わせた専用のサンシェードがたくさん売られているのでチェックしてみてくださいね。

 

必要なもの3:マットレス

 

車中泊の旅で疲れを残さないためにも、マットレスを使って質の高い睡眠を心がけましょう。

座席などでそのまま寝てしまうと、腰を痛めたり熟睡できずに翌日のドライブに悪い影響を及ぼします。

旅行を安全に楽しむためにも睡眠の質は大事ですよ。

 

必要なもの4:クーラーボックス

 

生ものなどのお土産、保存期間の短いものを購入した際にはクーラーボックスに入れておかないと保存できません

夏の旅行ではぬるい飲み物より冷たい飲み物が欲しいですよね。

 

必要なもの5:トラベルセット

 

せっかくの楽しい車中泊ドライブ旅で、汗をかいたままでの車中泊は正直きついです。

トラベルセットには、「シャンプー、ボディソープ、歯みがきセット」が入っているので旅先にある銭湯や日帰り入浴施設を利用する際に必要となります。

 

意外とアメニティが揃ってない銭湯も地方には多くあるので毎回購入しているとお金のムダですよね。

またトラベルセットは旅行だけでなく、日常生活でも使えるので揃えておいて損はありません。

 

必要なもの6:ドライブレコーダー

 

ドライブレコーダーは国土交通省も設置を推奨しています。

万が一のあおり運転やトラブルに備えておきましょう。

 

事故が起きても録画機能で証拠として残せますし、寝ている間の車外の様子も分かります。

安心への投資ですね。

 

必要なもの7:虫よけスプレー

 

虫よけスプレーがないと、ドライブ中など蚊にさされてイライラ運転になりがち。

換気するたびに虫が入ってくることもあるので車内に1つ常備しておくといいですよ。

こちらの無香料タイプがオススメ。

 

必要なもの8:防寒具

 

防寒具は冬の時期の車中泊や気温の下がる夜間に必要になります。

寒いとテンションも下がりますし、トイレもちかくなり旅を楽しめません。

機能性が高くて良いものを1つ準備しておきましょうね。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順2:車中泊する場所の確認

車中泊ドライブ旅を始める手順2:車中泊する場所の確認

車中泊ドライブ旅の始め方、手順の2つめは車中泊する場所を確認することです。

 

車中泊できる場所

  • 道の駅
  • SA・PA
  • RVパーク
  • オートキャンプ場

 

車中泊ができる場所、禁止されている場所、仮眠ならOKという場所などさまざま。

順番に確認していきましょう。

 

車中泊する場所1:道の駅

道の駅とは、国土交通省により設置された商業施設や休憩、宿泊施設のこと。

24時間利用可能で駐車場やトイレ設備も備わっていますが、地域によっては車中泊禁止の道の駅もあります。

 

「道の駅」は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。

もちろん、「道の駅」は、ドライバーなどみなさんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません。

国土交通省ホームページより引用

 

道の駅での車中泊はあくまでも仮眠なので長時間の車内泊や滞在はやめておきましょうね。

 

車中泊する場所2:SA・PA

高速道路などのサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)も道の駅と同等の位置づけです。

つまり仮眠はOKですが、周りへの配慮を考えて行動しようという場所になります。

 

くれぐれもバーベキューやキャンプテントを設置する行為はやめましょうね。

また無断で電源を使用する行為なども禁止ですよ。

 

車中泊する場所3:RVパーク

RVパークとは、日本RV協会認定の車中泊施設です。

ただし車外での調理やバーベキューは禁止。

 

有料施設となりますが、しっかり寝泊りする車中泊も許可されています。

全国的にまだまだ数が少ないのが現状ですね。

 

車中泊する場所4:オートキャンプ場

オートキャンプ場とは、そのまま車で乗り入れてテントを設置することができるスペースのことです。

車で乗り入れできない場所もありますが、一定のスペースが区画で仕切られている場所がほとんど。

RVパークと同様に有料施設となりますが、自分のスペース内にテントを設置することも可能です。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順3:車中泊のマナーを守る

車中泊ドライブ旅を始める手順3:車中泊のマナーを守る
車中泊ドライブ旅の始め方、手順の3つめは車中泊のマナーを確認して守ることです。

車中泊人口は増えていますが、中にはマナーを守らない人もいるんです。

 

車中泊のマナー

  • 長期滞在しない
  • ゴミを持ち込まない
  • アイドリングや騒音に配慮する

 

ドライブ中の運転マナーと同じように、車中泊や仮眠の際にも周りへの配慮が必要です。

順番に見ていきましょう。

 

車中泊のマナー1:長期滞在しない

道の駅やサービスエリアで車中泊(仮眠)する際は、連泊など長い時間駐車し続ける行為はマナー違反です。

本来の利用目的で訪れた方が使えないなど一般利用者の迷惑となってしまうからです。

 

仮眠やトイレなど用事をすませたら速やかに車を出して旅に出発しましょうね。

迷惑行為が続くと車中泊禁止になる道の駅も増えてしまいます。

 

車中泊のマナー2:ゴミを持ち込まない

当然のことですが、ゴミを車中泊している休憩場所に持ち込んで捨てる行為はマナー違反。

しかし中にはため込んだゴミを持ち込んで捨てるマナー違反者もいるんです。

 

ゴミ箱周辺がゴミで溢れかえってしまい不衛生ですよね。

モラルをもって人間らしい行動を心がけましょう。

 

車中泊のマナー3:アイドリングや騒音に配慮する

車中泊している駐車場でのアイドリングや大音量で音楽を流す行為は、周りの利用者への迷惑となります。

車中泊ドライブ旅の時だけでなく、普段から駐車マナーを守っていきましょう。

とくに公共の場では周囲への配慮を忘れずに。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順4:高速道路の料金割引を利用

車中泊ドライブ旅を始める手順4:高速道路の料金割引を利用
車中泊ドライブ旅の始め方、手順の4つめは高速道路の料金割引サービスを利用することです。

 

車中泊ドライブ旅では高速道路を利用して移動することもあります。

高速料金を安くできる割引サービスがあるので把握しておいて損はありませんよ。

 

高速道路の割引サービス

  • ETCカード
  • 深夜割引
  • 休日割引
  • 平日朝夕割引

 

ドライブするなら知っておべきお得なサービスなので確認しておきましょう。

 

高速料金の割引サービス1:ETCカード

ETCカードで精算する高速料金はすでに割引されています。

またETCカードを使うことでこの後に紹介する各種割引システムも適用されるので、まだの方はサクッと作っておきましょう。

 

ETCカードにこだわりがなければ、ポイント還元率の高い「年会費永年無料の楽天カード」にしておきましょう。

僕も愛用してます。

 

楽天ETCカードを詳しく見る

 

高速料金の割引サービス2:深夜割引

深夜の時間帯に高速道路を走る際は、深夜割引サービスを使いましょう。

高速道路の料金所を通過する時間が0時~4時の間であれば割引料金が適用されるんです。

割引率は30%で、場所によっては一部対象外の区間もあります。

 

高速料金の割引サービス3:休日割引

平日以外に高速道路を利用するなら休日割引があります。

土日祝日に高速道路を使った場合でも割引サービスが適用されるんです。

割引率は30%ですが、都心部の高速道路や大型車は割引対象外となります。

 

高速料金の割引サービス4:平日朝夕割引

平日の朝と夕方に高速道路を使う場合も、平日朝夕割引というお得なサービスがあります。

平日朝夕割引はあとで還元されるシステムとなっていて、「ETCマイレージサービス」に登録していれば利用料金の30%~50%が還元されます。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順5:コツと注意点を確認する

車中泊ドライブ旅を始める手順5:コツと注意点を確認する

 

車中泊ドライブ旅の始め方、手順の5つめはコツと注意点を確認することです。

初心者の方は安全に楽しむためにも車中泊ドライブ旅のコツと注意点をしっかり把握しておいてくださいね。

 

コツ

  • こまめに休憩する
  • 荷物は必要最低限にする
  • 混雑を避けて移動する

注意点

  • 狭い道
  • 仮眠の際はエンジンを切る
  • エコノミークラス症候群

 

コツ1:こまめに休憩する

長時間の車の運転は体に悪影響を及ぼします。

また血流も緩やかになりドライブ中に眠くなりがちです。

運転への集中を切らさず事故をおこさないためにも、こまめに休憩を挟みましょうね。

 

コツ2:荷物は必要最低限にする

車中泊が心配なのは分かりますが、あれもこれも車に積み込むと車内のスペースが狭くなります。

また車体の重量が重くなりガソリンの燃費も悪くなるので、荷物は必要最低限におさえた方がいいですよ。

不要なものまで買ってしまうとお金のムダ使いにもなります。

 

コツ3:混雑を避けて移動する

走行する地域や場所にもよりますが、朝の通勤ピークや帰宅ラッシュに時間がかさなると移動時間がかかります。

ストレスもたまって危険なイライラ運転になってしまいがち。

 

高速道路なら深夜や早朝を利用することで料金も安くなります。

無理しない程度に時間をずらしてみるなど混雑時間を避けて移動しましょうね。

 

注意点1:狭い道

地方や田舎へ行くほど、山道や林道などが多く普通自動車1台分ほどの狭い相互通行道路もあるんですよ。

対向車がくることもあるので、スピードは出しすぎず落ち着いて運転しましょう。

 

通行量が少ない道ではつい車のスピードを出してしまいがち。

速度はおさえて安全運転を心がけましょう。

 

注意点2:仮眠の際はエンジンを切る

車内で仮眠する際は必ずエンジンを切りましょう。

エンジンを切り忘れて眠ってしまうと一酸化炭素中毒や車両火災の危険が高まります。

電源系統は常に確認するようにしておいてくださいね。

 

注意点3:エコノミークラス症候群

飛行機などでよく聞くエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)ですが、ドライブ中でも長時間同じ姿勢で運転をしていると起こる可能性があるんです。

適度にストレッチや簡単な体操をするなどして、こまめに体を動かすようにしましょうね。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順6:メリットとデメリットを把握

車中泊ドライブ旅を始める手順6:メリットとデメリットを把握
車中泊ドライブ旅の始め方、手順の6つめはメリットとデメリットを把握しておくことです。

車中泊ドライブ旅のメリットとデメリットが分かっていれば、どれだけ節約して旅ができたかなど分かります。

 

メリット

  • 宿泊代が節約できる
  • 荷物が多くても移動が楽
  • パーソナルスペースが確保できる

デメリット

  • 長時間の運転もある
  • 人によっては睡眠が浅くなる
  • ガソリン代や高速代がかかる

 

順番に見ていきましょう。

 

メリット1:宿泊代が節約できる

宿泊代が安く抑えられるのは、車中泊ドライブ旅の最大のメリットですね。

車の中で寝泊まりするため旅館やホテル代などの宿泊費用が一切かかりません。

旅費を安くおさえて、浮いたお金でおいしいご当地グルメを食べたり贅沢することもできますよ。

 

メリット2:荷物が多くても移動が楽

電車やバスなどで旅をする場合、大量の荷物を抱えていると迷惑そうな目で見られることもありますよね。

しかし車であれば、周りの目を気にせず荷物を積むだけなので体力的にも移動が楽。

お土産や買い物を我慢する必要はないんです。

 

メリット3:パーソナルスペースが確保できる

鉄道やバス、飛行機での旅行の場合、知らない人が隣になることもありますよね。

無意識のうちに気疲れしてしまい旅を思いきり楽しめないこともあります。

 

車中泊ドライブ旅なら車内はゆったりリラックスできる自分のプライベート空間。

ストレスを感じることなく旅を楽しむことができますよ。

 

デメリット1:長時間の運転もある

車中泊ドライブ旅では長距離のドライブになることもあります。

長時間の運転では集中力が切れて居眠り運転してしまう可能性もあるので注意。

こまめに窓を開けて換気したり、エコノミークラス症候群にならないよう適度に体操するなどしてくださいね。

 

デメリット2:人によっては睡眠が浅くなる

車中泊ドライブ旅では普段のように、家で寝る環境と違い車の中で寝ますよね。

慣れない環境で睡眠不足になる人も中にはいます。

 

対策としてはサンシェードで明かりを遮断し、マットレスを使って柔らかい布団の上で仮眠するなどしておくといいですよ。

 

デメリット3:ガソリン代や高速代がかかる

燃費のいい車もありますが、移動距離が長いほどどうしてもガソリン代や高速道路の料金がかかります。

 

高速道路を使う場合は、料金割引サービスを利用するなど節約方法を確認してきましょうね。

車の運転も、エンジンブレーキを使うなど優しい運転を心がけると燃費もよくなりますよ。

 

車中泊ドライブ旅を始める手順7:初心者が気を付けるべきポイント

車中泊ドライブ旅を始める手順7:初心者が気を付けるべきポイント

車中泊ドライブ旅の始め方、手順の7つめは初心者が気を付けるべきポイントを確認することです。

 

初心者が気を付けるべきポイント

  • 防犯対策
  • 周辺状況を確認する
  • 無理せずホテルに泊まる

 

順番に解説していきますね。

 

ポイント1:防犯対策

旅先で車中泊をする際には、必ず防犯対策をしておきましょう。

 

以下の3つの対策は必須ですよ。

  • 内側からドアロック
  • ドライブレコーダー
  • カーテンやサンシェード

 

寝る前には必ず内側からドアロックをかけ、サンシェードなどで外からは目隠し、ドライブレコーダーで夜間でも車外の様子を録画できるので車に装備しておきましょうね。

 

また万が一のため、貴重品は分かりにくい場所に保管して荷物で覆うなどしておくことも大事です。

 

ポイント2:周辺状況を確認する

車中泊をする前に、寝泊まりする場所が安全かどうか下調べておきましょう。

中には治安の良くない地域や、車中泊自体が禁止されている場所もあります。

その他にも周辺にコンビニや日帰り温浴施設、交番や病院があるかも確認しておくといいですよ。

 

ポイント3:無理せずホテルに泊まる

体調がすぐれない時やゆっくりベッドで眠りたい時は、無理して車中泊することにこだわらず1晩くらいホテルや旅館に泊まるのもあり。

長期間の旅であれば、たまには体をしっかり休ませることも大切ですよ。

 

僕が普段の旅で、急遽ホテルなど宿泊先を探す時はこのあたりを使ってます。

 

それぞれ当日予約でも比較的安い料金で泊まれるので、いざという時のためにチェックしておいてくださいね。

JTBホームページじゃらんnetホームページ
JTBを詳しく見る→じゃらんnetを詳しく見る→

 

車中泊ドライブ旅を始める手順8:旅に出よう

車中泊ドライブ旅を始める手順8:旅に出よう
車中泊ドライブ旅の始め方、手順の8つめは車中泊ドライブ旅に出ることです。

 

必要なものを揃えて、車中泊する場所やマナー、ドライブの注意点など確認ができたら実際に車中泊ドライブ旅に出てみましょう。

何事も経験ですから、軽い気持ちでまずは1泊からでもいいんです。

 

僕も今まで楽しく車中泊ドライブ旅をしてきました。

行ってきた旅先のうち、記事ができているものを載せておきますね。

 

よかったら参考までに読んでみてください。

 

【車中泊ドライブ旅の始め方】準備から旅に出るまでを初心者向けに徹底解説:まとめ

【車中泊ドライブ旅の始め方】準備から旅に出るまでを初心者向けに徹底解説:まとめ

 

では車中泊ドライブ旅の始め方についてポイントをまとめます。

 

ポイント

  • 必要最低限のアイテムだけ揃える
  • 車中泊のマナーや場所を守ろう
  • 高速道路は安く使おう
  • エコノミークラス症候群に注意
  • まずは1泊2日から始めよう

 

車中泊ドライブ旅で自由にいろんな場所に行ってみると、知らなかった世界を知ることができて自分の経験値が上がります。

感じたことのない刺激にも触れられますよ。

まずは気軽に1泊2日から始めてみてくださいね。

 

 

車中泊ドライブ旅:関連記事

 

 

関連カテゴリー

 

 

ブログホームへ戻る

 

-車中泊ドライブ旅

© 2021 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5