車中泊ドライブ旅のポイントを解説【3つのコツと3つの注意点】

車中泊ドライブ旅

車中泊ドライブ旅のポイントを解説【3つのコツと3つの注意点】

車中泊しながらいろんな場所をドライブ旅しています。経験から伝えたい楽しい車中泊旅をするポイント、3つのコツと3つの注意点をまとめたので、車中泊ドライブ旅を始める方は参考にしてみてください。

 

記事の内容

  • 車中泊ドライブ旅:ポイント
  • 車中泊ドライブ旅:3つのコツ
  • 車中泊ドライブ旅:3つの注意点

 

車中泊ドライブ旅:ポイント

車中泊ドライブ旅:ポイント

 

車中泊ドライブ旅のポイントをおさえておきましょう。

 

ポイント

  • 費用をおさえる
  • 時間を有効に使う
  • 楽しむ
  • 危険を回避する
  • 健康面に注意
  • 事故を起こさない

 

車中泊しながらのドライブ旅は、普通の鉄道や飛行機の旅よりも実は楽しみが多い。

時間を有効に使えたり費用を安く抑えたりとコスパも高いです。

 

深夜のうちに現地で仮眠をとり、朝から好きなことをする。

自由さが車中泊ドライブ旅の人気の理由の1つでもあります。

 

楽しい車中泊ドライブ旅をさらに楽しむため、嫌な思い出にしないための大事なポイントを解説していきます。

 

車中泊ドライブ旅:3つのコツ

車中泊ドライブ旅:3つのコツ

 

車中泊ドライブ旅をする際の3つのコツを解説していきます。

 

  • 不要な持ち物はいらない
  • 早朝・深夜の移動
  • 無理に車中泊しない

 

では順番に見ていきましょう。

 

コツ1:不要な持ち物はいらない

コツ1:不要な持ち物はいらない

 

車中泊ドライブ旅のコツ1つめは「不要な持ち物はいらない」ということです。

持ち物は必要最低限のものだけで十分。

 

必要最低限のものだけにすると

  • 無駄な出費が減らせる
  • 車内のスペースが広くなる
  • 物がなくならない

 

車中泊グッズには可愛いコップやぬいぐるみ、おしゃれな温度計つきの時計などたくさんあります。

それって本当に必要ですか?

 

これまで車中泊ドライブ旅をしてきましたが、コップやおしゃれな小物などは1度も必要になったことはありません。

車の中がごちゃごちゃしますし、何よりお金の無駄使いですよ。

 

「車の中をおしゃれに改装して、おしゃれなインテリアで楽しもう」

こういうのは業者が商品を売って儲けたいだけ

 

必要最低限の持ち物があれば快適な車中泊ドライブ旅を楽しむことができます。

 

必要最低限の持ち物

  • 車用の充電器
  • サンシェード
  • マットレス
  • クーラーバッグ
  • トラベルセット
  • ドライブレコーダー
  • 虫よけスプレー
  • 防寒具

 

最低限これだけ揃えておけば大丈夫。

 

詳しくチェックしたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選】必須アイテムと使っている感想
【車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選】必須アイテムと使っている感想

続きを見る

 

コツ1

  • 必要最低限のものだけでいい
  • 業者が儲けたいだけ

 

コツ2:早朝・深夜の移動

コツ2:早朝・深夜の移動

 

車中泊ドライブ旅のコツ2つめは「早朝や深夜に移動する」ことです。

ただし、どうしても眠い時や運転初心者の方は控えた方がいい場合もあります。

 

早朝や深夜の移動にすると

  • 渋滞に巻き込まれない
  • 高速道路を安く使える

 

早朝や深夜に移動することで渋滞に巻き込まれることなく快適な車中泊ドライブ旅ができます。

 

せっかくの楽しい旅で渋滞に巻き込まれたら、ストレスがたまり嫌な気分になりますよね。

何より時間を無駄に消費します。

 

人の少ない時間帯で移動することで、時間もかからず効率のよい車中泊ドライブ旅が可能。

あくまでも無理せずできる範囲でやってみてください。

 

早朝や深夜の移動は、道が空いているだけでなく高速道路も安く乗ることができます。

 

詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

【ドライブで高速道路を安く使う方法】交通費を節約する3つの裏技
【ドライブで高速道路を安く使う方法】交通費を節約する3つの裏技

続きを見る

 

コツ2

  • 混雑を避けてイライラ回避
  • 時間の無駄を回避
  • 高速道路は安く乗れる

 

コツ3:無理に車中泊しない

コツ3:無理に車中泊しない

 

車中泊ドライブ旅のコツ3つめは「無理に車中泊しない」ということです。

一見すると矛盾していますが、車中泊ドライブ旅のコツは無理に車中泊にこだわらないこと。

 

無理に車中泊しない場合とは、体調が悪い時やゆっくり休みたい時、泊まった方がいい温泉宿があった時など。

 

無理に車中泊をすると

  • 体調が悪くなる
  • 旅を楽しめない
  • テンションが下がる

 

体調が悪くなったり気分が変わることも車中泊ドライブ旅ではあるあるです。

そんな時は車中泊にこだわらずホテル、旅館、ゲストハウスなどを近くで探して泊まりましょう。

 

たまにはゆっくり温泉に入ってそのまま宿で休むのもあり。

僕が車中泊の旅で宿予約する時は「じゃらんnet」の予約サイトを使ってます。

 

当日でもネット予約で安く泊まれるので、公式サイトをのせておきます。

ちなみに電話で予約するよりも、サイトから予約した方が安く泊まれます。

 

じゃらん公式サイトを見る

 

じゃらん特集一覧

 

コツ3

  • 体調が悪い時は無理しない
  • 1泊くらい温泉宿でゆっくりしよう

 

車中泊ドライブ旅の3つの注意点

車中泊ドライブ旅の3つの注意点

 

車中泊ドライブ旅をする際の3つの注意点を解説していきます。

 

  • 一酸化炭素中毒
  • エコノミークラス症候群
  • 狭い道

 

命の危険にかかわる場合もあるのでしっかり確認していきましょう。

 

注意点1:一酸化炭素中毒

 

車中泊ドライブ旅の注意点1つめは「一酸化炭素中毒に気を付ける」ことです。

 

夜、車内で寝る前にエンジンを切り忘れると一酸化炭素中毒になったり、もしくは車両火災を起こす危険性があります。

エンジンは必ず切りましょう。

 

またドアロックも閉め忘れがち。

車中泊している間にドアを誰かに開けられる可能性もあります。

エンジンとドアロックは必ずチェックしましょう。

 

エンジンとドアロックを忘れると

  • 車両火災の危険がある
  • 一酸化炭素中毒の危険がある
  • ドアを開けられて盗難される可能性がある

 

寒い時期などエアコンをつけたまま寝たいという方の気持ちも分かりますが、防寒具や掛布団で対策をしてエンジンは必ずOFF。

バッテリーが上がってしまう原因にもなります。

 

また、ドアロックも必ずかけて貴重品は分かりにくいところに保管、窓はサンシェードなどのカーテンで保護しましょう。

盗難防止のためです。

 

注意点1

  • 寝る前にエンジンを切る
  • ドアロックを忘れずかける

 

注意点2:エコノミークラス症候群

注意点2:エコノミークラス症候群

 

車中泊ドライブ旅の注意点2つめは「エコノミークラス症候群」です。

飛行機などで耳にするエコノミークラス症候群ですが、車中泊ドライブ旅でも起こります。

 

車の運転中はずっと同じ姿勢になりがち。

長時間同じ姿勢でいると血栓が血管内にたまる「エコノミークラス症候群(静脈血栓寒栓症)」のリスクが高まります。

 

エコノミークラス症候群のように血栓がたまり血流が止まると最悪の場合、死に至ることもあります。

 

ドライブ中はこまめに休憩をとって、適度に体を動かしたりストレッチなどで筋肉をほぐしましょう。

目安として1時間に1回は必ず車を降りて体操するなどしてみてください。

 

適度に体を動かさないと

  • エコノミークラス症候群になる
  • 眠くなる
  • 事故を起こしやすくなる

 

ずっと同じ姿勢を続けていると血流がゆるやかになり副交感神経が優位に働くことで眠くなります。

居眠り運転のような事故を起こさないように注意しましょう。

 

注意点2

  • 適度に体を動かす
  • こまめに休憩をする

 

注意点3:狭い道

 

車中泊ドライブ旅の注意点3めは「狭い道も落ち着いて運転する」ことです。

山道や林道では、車幅1台分ほどの狭い相互通行の道があります。

 

山道などの狭い道は通行量がほとんどありません。

通行量が少ない道では、気づかないうちにスピードを出してしまいがち。

 

もしカーブにさしかかった時に、対向車が来ていても反応が遅れて衝突する危険があります。

スピードの出しすぎは絶対にやめましょう。

 

また狭い道で対向車とすれ違う際、ゆっくり丁寧にすれ違わないと車を擦ってしまうので落ち着いて運転することが大事です。

 

狭い道に注意しないと

  • 対向車と衝突する
  • 車を擦ってしまう

 

狭い相互通行の道には、危険なところにはミラーが設置されているので必ずミラーを確認しながら運転しましょう。

 

注意点3

  • スピードを出しすぎない
  • ミラーを必ず確認

 

車中泊ドライブ旅の3つのコツと3つの注意点:まとめ

車中泊ドライブ旅の3つのコツと3つの注意点:まとめ

 

ではこの記事のポイントをまとめます。

 

ポイント

  • 車中泊ドライブ旅は必要最低限の持ち物で十分
  • エンジンとドアロックは忘れずに
  • スピードは出しすぎず安全運転

 

車中泊ドライブ旅はとても楽しいものですが、知らないと危険なことも潜んでいます。

楽しいはずの思い出が嫌な思い出にならないように、コツと注意点をおさえておきましょう。

 

車中泊ドライブ旅をしてみたいという方は、こちらの始め方の記事をどうぞ。

【車中泊ドライブ旅の始め方】準備してから旅に出るまでの手順
【車中泊ドライブ旅の始め方】準備してから旅に出るまでの手順

続きを見る

 

 

車中泊ドライブ旅の記事一覧へ

 

ぶろぐトップへ戻る

 

-車中泊ドライブ旅

© 2020 はいりふる ぶろぐ Powered by AFFINGER5