車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選【歴10年が厳選】

車中泊ドライブ旅

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選【歴10年が厳選】

2019年11月12日

この記事で分かること

  • 車中泊ドライブ旅で必要な持ち物
  • 必要な理由

 

車中泊ドライブ旅を始めて10年以上になりますが、この記事で紹介する8個の必要なグッズだけで何も困らず快適な旅を楽しめています。厳選した必須アイテムを紹介するのでチェックしてみてください。

 

記事の内容

  • 車中泊ドライブ旅10年の歴史
  • 車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選
  • 必要な持ち物がないとなぜ困るか
  • 使っている感想

 

車中泊ドライブ旅10年の歴史

車中泊ドライブ旅10年の歴史

 

簡単に僕の車中泊ドライブ旅歴を紹介します。

今までに車中泊しながらドライブ旅した場所をまとめました。

(枠内は記事作成中)

 

  • 茨城
  • 静岡
  • 岐阜
  • 島根
  • 鳥取
  • 福井
  • 京都
  • 愛知
  • 埼玉
  • 山口
  • 淡路島1周
  • 房総半島1周(千葉)
  • 三浦半島1周(神奈川)
  • 紀伊半島1周(奈良・三重・和歌山)

 

能登半島1周車中泊ドライブ旅

【能登半島ドライブ・車中泊の旅】石川県おすすめの見どころスポット
【能登半島ドライブ・車中泊の旅】石川県おすすめの見どころスポット

続きを見る

 

四国1周車中泊ドライブ旅

【四国1周・車中泊ドライブ旅】おすすめの見どころスポットまとめ
【四国1周・車中泊ドライブ旅】おすすめの見どころスポットまとめ

続きを見る

 

長野県車中泊ドライブ旅

長野県を車中泊でドライブ旅【おすすめの見どころスポットまとめ】
長野県を車中泊でドライブ旅【おすすめの見どころスポットまとめ】

続きを見る

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選

 

ではさっそく必要最低限にまとめた車中泊ドライブ旅のアイテム8個を紹介していきます。

今までの車中泊ドライブ旅の経験から本当に必要な持ち物だけを8つ厳選しました。

 

車中泊グッズで、たまにおしゃれなコップや可愛いぬいぐるみ、時計などありますよね。

「おしゃれなものでおしゃれに車中泊を楽しもう」

 

これは業者が商品を売って儲けたいだけ。

業者に騙されないで必要な持ち物だけ選びましょう。

 

車中泊ドライブ旅の持ち物1:車用の充電器

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、1つめは「車用の充電器」です。

 

車用の充電器がないと困る

  • 携帯の充電ができない
  • ドライブ中に音楽が聴けない
  • 携帯で旅先の絶景写真がとれない
  • 緊急時の電話や宿泊予約ができない
  • カーナビで目的地が出てこなかったら旅ができない

 

「カーチャージャー」「シガーソケット」「USB充電器」などさまざまな呼び方があります。

車中泊ドライブ旅では、運転中に移動中の車内で携帯電話を充電する場合がほとんど。

 

充電器がないと携帯電話が使えないので厳しいですよね。

コンビニで急遽バッテリーを買うなどの無駄使いをしてしまいがち。

必須なので忘れずに揃えておきましょう。

 

この「Anker」のカーチャージャーは、2つの差込口があるのでいつも携帯を充電しながらiPodで音楽を流してます。

 

やっぱり旅ではおしゃれなBGMで爽快にドライブしたいですよね。

そしてものすごい急速充電されるので、気づいたらフル充電になっています。

 

使っている感想

  • ドライブ中に気付いたらもうフル充電に
  • 忘れたときに意外と携帯の充電場所がなくて困った
  • 2つの差込口があるので携帯を2台同時に充電できたり使い勝手がいい

 

車中泊ドライブ旅の持ち物2:サンシェード

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、2つめは「サンシェード」です。

 

サンシェードがないと困る

  • 夜間の寒さがきつい
  • 夏場の車内温度が暑くなる
  • プライバシーが守られない
  • 外から見られて落ち着かない

 

サンシェードとは車中泊で眠る時などに窓ガラスに設置するカーテンで、防犯用の目隠しをする役割を果たすものです。

いろんな車種に合わせた専用のサンシェードが売られています。

 

この「ゴールドストア」のサンシェードは、吸盤を直接窓ガラスに押し付けるだけで設置可能。

 

中にはレールを車に取り付けて固定するタイプのサンシェードもありますが、手間がかかり長さが合わない場合も多く値段も高いのでおすすめしません。

 

車中泊で設置していないと車内の様子が丸見えで落ち着かないので、プライバシー保護のためにも揃えておきたいですね。

 

また、寝る時以外にも夏場の車内温度の上昇を抑える効果もあるので車に乗った瞬間に汗をかくこともありません。

 

使っている感想

  • 窓の形にピッタリ
  • 車を買い替えたら使えないな
  • 使わないときはまとめて収納できる
  • 吸盤を押し付けるだけだから楽だな
  • 光がほとんど入ってこないからよく眠れる

 

車中泊ドライブ旅の持ち物3:マットレス

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、3つめは「マットレス」です。

 

マットレスがないと困る

  • 腰を痛めやすい
  • 夜ぐっすり眠れない
  • 疲れが残り運転にも悪影響

 

車中泊の旅で疲れを残さないためにも、マットレスを使って快適で質の良い睡眠をとるようにしましょう。

夜車中泊する際は、車内の後部座席を倒して広いスペースに布団を敷いて寝ることがほとんど。

 

布団を車の上に直接敷いたままだとけっこう固いので疲れがとれません。

また、腰を痛めてしまったりと車の運転にも悪影響をあたえます。

 

この「GMAULEE」のマットレスは、空気の入れ具合で柔らかさを調節できるので1人1人の好みに合わせることがで可能。

もちろん専用のポンプ式空気入れもついてますよ。

 

使い方としては、まずGMAULEEマットレスを敷いてポンプ式空気入れで空気を注入。

好みの柔らかさになったら、その上に敷布団と掛布団を準備して寝るだけ。

 

事故を起こさない為にも、マットレスの上に布団を敷いて眠りましょう。

 

使っている感想

  • ふわふわした感じでぐっすり眠れる
  • 使わずに寝たら腰が痛くなって辛すぎ
  • もう少しコンパクトに保管できたら最高
  • 空気の調節ができるから好みの柔らかさにできる

 

車中泊ドライブ旅の持ち物4:クーラーボックス

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、4つめは「クーラーボックス」です。

 

クーラーボックスがないと困る

  • 飲み物がぬるくなる
  • 車中泊ドライブ旅の間、食べ物が保存できない
  • 車中泊ドライブ旅で生もののお土産が買えない

 

お土産など生ものや保存期間の短いものを購入した際には、クーラーボックスに入れておかないと保存できません

 

また、飲み物の温度もぬるくなってしまいます。

とくに夏の車中泊旅では冷たい飲み物が欲しいですよね。

 

クーラーボックスにはたくさん種類があります。

いろいろ調べましたが、保冷効果が高く値段もお手頃な「サーモス」のものを愛用中。

 

このサーモスのクーラーボックスは固いボックスタイプのものとは違い、ゆとりがある柔らかめの素材なので場所を広くとることもありません。

容量も大きく機能的にみてもコスパはかなり高め。

 

コスパ最強はサーモスですが、最近はサーモスに負けずおとらず安くて性能の高いものも多く売られてきているので、1つ良いものを持っておくと車中泊の旅以外でも使えて便利ですよ。

 

使っている感想

  • 夏場でも中の飲み物が冷たい
  • 車中泊旅以外でもいろいろ使える
  • 素材が柔らかいからたくさん詰め込める

 

車中泊ドライブ旅の持ち物5:トラベルセット

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、5つめは「トラベルセット」です。

 

トラベルセットがないと困る

  • 頭や体を洗えない
  • 汗をかいたまま寝る
  • 歯みがきもできない

 

トラベルセットには、シャンプーやボディソープが入っているので旅先で銭湯や日帰り入浴施設を利用する際に必要となります。

せっかくの楽しいドライブ旅で、汗をかいたまま車中泊なんてしたくないですよね。

 

車中泊ドライブ旅でいろんなところを訪れましたが、シャンプーや石鹸などが揃っていない入浴施設もありました。

 

シャワーで流すだけだとサッパリしないんですよね。

無駄にその場でシャンプーや石けんは買いたくないし。

 

この「花王のトラベルセット」は、シャンプー・ボディーソープ・歯ブラシ・ハミガキ粉がセットになっているので便利。

それぞれ買いそろえなくてもこのアイテム1つあれば大丈夫

 

僕のように、夜寝る前ハミガキしないと気持ち悪いっていう方には必須。

朝だってハミガキしたいですよね。

トラベルセットは、車中泊の旅以外でも日常生活や出張、急な宿泊の時にも使える便利なお泊まりセットなので、持っておいて損はありません。

 

使っている感想

  • 旅先に温泉があればすぐ入れる
  • 日常での泊まりのシーンでも使える
  • 必要な物がコンパクトにまとめてあるからで持ち運びが楽

 

車中泊ドライブ旅の持ち物6:ドライブレコーダー

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、6つめは「ドライブレコーダー」です。

 

ドライブレコーダーがないと困る

  • あおり運転におびえる
  • トラブルが起きても証拠がない
  • 寝ている間の外の様子がわからない

 

ドライブレコーダーがあれば、もし運転中のトラブルが起こってしまった場合でも証拠として残しておけたり、後から状況を確認することもできます。

 

ある時期には高速道路などでの「あおり運転」も問題になりましたよね。

国土交通省もドライブレコーダーの設置を推奨しています。

 

また、車中泊ドライブ旅では寝ている間の車外の様子は分かりません。

車にこっそり何かいたずらされてしまった場合でも、ドライブレコーダーがあれば証拠をおさえることが可能。

自分を守る防犯対策として必要なものです。

 

この「Hihiccup」のドライブレコーダーは値段の割に高性能なので愛用してます。

コスパもかなり高め。

 

夜間や雨天でも鮮明に画像が残ってはっきり見えますよ。

車に何か衝撃があった場合、すばやく起動して広範囲に自動録画してくれます。

 

使っている感想

  • やっぱ安心感が違う
  • 自分も安全運転を心がけられる
  • 夜でもけっこう鮮明に見えてる

 

車中泊ドライブ旅の持ち物7:虫よけスプレー

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、7つめは「虫よけスプレー」です。

 

虫よけスプレーがないと困る

  • 蚊にさされる
  • イライラする
  • 運転に集中できない
  • 虫が車内に入ってくる

 

虫よけスプレーがないと、蚊にさされてかゆい思いをしてイライラ運転になりがち。

 

換気のために窓を開けたり乗り降りのためにドアを開けたりしますが、蚊などの虫がいつのまにか車内に入ってくることがよくありました。

とくに夏の時期や山の中での車中泊をする際は、虫よけスプレーがないと無理。

 

この「いなくなるスプレー」は無香料なので車の中でも使えるタイプ。

ちなみに殺虫効果は、個人的に95点くらいとかなり高めです!

 

虫よけスプレーってよく忘れてしまいがちですが、快適な旅をするためにもお忘れなく。

 

車中泊ドライブ旅の間、ずっと虫のストレスをかかえるのは嫌ですよね。

スプレーが苦手な方は、置くタイプのものもあるので検討してみてください。

 

使っている感想

  • 匂いがほとんどしない
  • 殺虫力もまあまあ高め
  • 蚊にさされるとイライラするからこれがないと無理

 

車中泊ドライブ旅の持ち物8:防寒具

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物、8つめは「防寒具」です。

 

防寒具がないと困る

  • 体調が悪くなる
  • 寒くて楽しめない
  • トイレがちかくなる
  • 車から出たくなくなる

 

防寒具は冬の時期の車中泊や気温の下がる夜間に必要なものです。

 

冬の時期での観光地巡りや山の中でのキャンプ、気温が下がる夜間での活動で防寒具がないと寒くてとても楽しむどころではありません。

とくに普段から寒がりの人はテンション下がりますよね。

 

この「リプナー」の防水防寒スーツは、自分も使っていますが保温性だけでなく機能性も高いのでとても動きやすく快適。

ジャケットの表と裏に収納ポケットがあり、首周りの肌にあたるところも優しい肌触りになっています。

 

どうせ揃えるなら機能性が高く良いものを1つだけ揃えておきましょう。

安いディスカウントストアなどで適当に揃えても、保温性が低かったり機能性が悪かったり肌がチクチク痛かったりするのでお金の無駄です。

 

使っている感想

  • 動きやすい
  • すごくあったかい
  • やっぱり高品質でいい

 

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選:まとめ

車中泊ドライブ旅に必要な持ち物8選:まとめ

 

ではこの記事のポイントをまとめます。

 

ポイント

  • 業者に騙されないで
  • 車中泊の旅に無駄なものはいらない
  • この8個があれば快適な車中泊ドライブ旅ができる

 

必要最低限の持ち物だけ揃えて安く楽しい車中泊ドライブ旅に出かけましょう。

いろんなところを旅すると日常では得られないたくさんの経験ができて成長につながります。

 

車中泊ドライブ旅をしてみたいという方は、こちらの始め方の記事をどうぞ。

車中泊ドライブ旅の始め方【準備から旅に出るまで】
車中泊ドライブ旅の始め方【準備から旅に出るまで】

続きを見る

 

 

車中泊ドライブ旅の記事一覧へ

 

ぶろぐトップへ戻る

 

-車中泊ドライブ旅

© 2020 はいりふる ぶろぐ