【THEOとTHEO+docomoの違い】自分に合うのはどっち?

テオdocomo(ロボアド)

【THEOとTHEO+docomoの違い】自分に合うのはどっち?

この記事で分かること

  • THEOとTHEO+docomoの違い
  • それぞれオススメな人

 

本業をしながら資産運用の1つとして、THEO+docomo(テオプラスドコモ)を使って運用してます。

 

この記事では、THEO(テオ)とTHEO+docomo(テオドコモ)の違いについて徹底的に解説していきます。

どちらを使って資産運用しようか悩み中という方は、参考に読んでみてください。

 

記事の内容

  • THEOとTHEO+docomoの違い
  • THEOがオススメな人
  • THEO+docomoがオススメな人

 

 

【THEOとTHEO+docomoの違い】自分に合うのはどっち?

【THEOとTHEO+docomoの違い】自分に合うのはどっち?

 

THEOとTHEO+docomoの違いを見る前に、それぞれの同じところをさらっと確認しておきましょう。

 

THEOとTHEO+docomoの同じところ

  • 運用方法
  • 運用にかかる費用
  • 手数料割引率

 

THEOとTHEO+docomoの運用方法

それぞれ運用に関しては、THEOのロボアドバイザーが行います。

 

同じところ

運用方法 THEOのロボアドバイザー
運用にかかる費用 入出金手数料、為替手数料などはともに無料
手数料割引率 1%~0.65%

 

手数料の割引率は同じですが、手数料割引(カラーパレット)適用の条件が異なります。

 

手数料の割引率については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【THEO+docomoの手数料は高い?】カラーパレットの詳細と検証結果
【THEO+docomoの手数料は高い?】カラーパレットの詳細と検証結果

続きを見る

 

THEOとTHEO+docomoの違い

THEOとTHEO+docomoの違い

 

THEOとTHEO+docomoの違いを解説していきます。

 

THEOとTHEO+docomoの違い

  • 運営会社
  • 最低投資可能額
  • 手数料割引条件
  • dポイント
  • おつり積立投資

 

違い THEO THEO+docomo
運営会社 株式会社:お金のデザイン 株式会社:お金のデザイン/株式会社:NTTドコモ
最低投資金額 10万円以上 1万円以上
dポイント × 貯まる
おつり積み立て投資 × 可能
手数料割引条件 毎月積立/出金していない 毎月積立/出金していない/dカードGOLD保有/毎月おつり積立

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

THEOとTHEO+docomoの違い⓵:運営会社

THEOとTHEO+docomoの違い、1つめは「運営会社」です。

 

運営会社

THEO THEO+docomo
株式会社:お金のデザイン 株式会社:お金のデザイン/株式会社NTTドコモ

 

THEO+docomoは、THEOを運営している「株式会社:お金のデザイン」と「株式会社:NTTドコモ」との共同サービスです。

資産運用に関しては、ともに「株式会社:お金のデザイン」のロボアドバイザーが行っています。

 

THEOとTHEO+docomoの違い②:最低投資金額

THEOとTHEO+docomoの違い、2つめは「最低投資金額」です。

 

最低投資金額

THEO THEO+docomo
10万円以上 1万円以上

 

THEOの最低投資可能額は10万円と安くはありません。

しかしTHEO+docomoは、THEOと違って1万円以上と小額からの投資が可能です。

 

THEOとTHEO+docomoの違い③:手数料割引条件

THEOとTHEO+docomoの違い、3つめは「手数料割引の条件」です。

 

手数料割引条件

THEO THEO+docomo
毎月積立/出金していない 毎月積立/出金していない/dカードGOLD保有/毎月おつり積立

 

手数料割引サービスの「カラーパレットシステム」が適用される条件は、THEO+docomoの方が厳しいです。

THEOは2つの条件をクリアすれば割引されますが、THEO+docomoの場合は4つの条件をクリアする必要があります。

 

THEO+docomoの手数料割引条件の中でも、1番のポイントになるのが「dカードGOLDの保有」です。

dカードGOLDはdポイントユーザーやドコモユーザーには大きな恩恵がありますが、それ以外の方は年会費がネックとなります。

 

dカードGOLD:基本情報

名称 dカードGOLD
年会費 10,000円(税抜)
買い物で貯まる 100円で1ポイント
ドコモ携帯代で貯まる 1,000円で100ポイント
その他特典 各種保険 / 利用額に応じたクーポンGET / dカードケータイ補償 / お買い物安心保険 / カード紛失盗難補償 / 旅行先でのサポートデスク / 海外緊急サービス / 空港ラウンジの利用など
ポイントの使い道 ローソンやマクドナルドなど各加盟店/アマゾンや楽天など各通販サイト

 

年会費の1万円がネックに感じますが、ドコモ携帯を使っていて毎月の携帯代が1,000円以上なら年間12,000円分のポイントがもらえます。

年会費よりお得なので、僕はdカードGOLDを作りました。

 

THEOとTHEO+docomoの違い④:dポイント

THEOとTHEO+docomoの違い、4つめは「dポイント」です。

 

THEO THEO+docomo
dポイントなし dポイントが貯まる

 

THEOと違ってTHEO+docomoでは、口座内の預かり資産額に応じてdポイントが毎月貯まっていきます。

  • ドコモ回線:1万円につき1.5ポイント
  • 非ドコモ回線:1万円につき1ポイント

 

テオdocomo:dポイント

 

ドコモ回線を使っていない方でも、年間でこれだけのdポイントが資産運用しながら貯まります。

運用手数料はかかりますが、dポイントまでもらえて自動で資産運用してくれるのでお得。

THEO+docomoだけのメリットと言えますね。

 

THEOとTHEO+docomoの違い⑤:おつり積立投資

THEOとTHEO+docomoの違い、5つめは「おつり積立投資」です。

 

THEO THEO+docomo
不可 可能

 

THEO+docomoの場合、おつり積立投資ができます。

 

おつり積立投資とは

買い物をしたときのおつり相当額を自動で投資に回してくれるサービス

 

テオdocomo:おつり積立

 

普段の生活で買い物をしているだけで積立投資ができます。

 

THEOがオススメな人

THEOがオススメな人

 

こんな人はTHEOがオススメです。

 

THEOがオススメ

  • 手数料割引を絶対に適用させたい
  • ドコモが嫌い
  • dカードGOLDは作りたくない

 

THEOの方がTHEO+docomoよりも手数料割引条件が簡単なので、カラーパレットを適用して手数料を安く抑えやすいです。

 

またドコモが嫌いな方や、dカードGOLDは作りたくないという人もTHEOの方がいいかも。

しかしdポイントの恩恵やおつり積立などはできなくなります。

 

THEO+docomoがオススメな人

THEO+docomoがオススメな人

 

こんな人はTHEO+docomoがオススメです。

 

THEO+docomoがオススメ

  • ドコモユーザー
  • ドコモ口座と連携したい
  • dポイントを使っている
  • dカードGOLDを保有
  • 少額から運用したい
  • 手数料は1%でもいい

 

【THEO+docomo】公式サイト →

 

ドコモユーザーなら間違いなくTHEO+docomoがオススメ。

ほったらかし運用でdポイントまで多く貯まるからです。

 

ドコモ口座を使っている人も、画像のように簡単にドコモ口座と連携して出金や入金が可能。

テオdocomo:ドコモ口座

 

dポイントを普段から使っている人、dカードGOLDをすでに所有している人やこれからカードを作る人も、THEO+docomoで資産運用すると恩恵があります。

 

また、THEOのように10万円からの投資ではなく1万円からの小額投資から始めたい人もTHEO+docomoがオススメ。

 

THEO+docomoにはdポイントなどTHEOよりもメリットが多くあります。

THEO+docomoのメリット・デメリットはこちらの記事で解説。

【THEO+docomoのメリット・デメリット】デメリットを検証して解説
【THEO+docomoのメリット・デメリット】デメリットを検証して解説

続きを見る

 

【THEOとTHEO+docomoの違い】自分に合うのはどっち?:まとめ

【THEOとTHEO+docomoの違い】自分に合うのはどっち?:まとめ

 

ではこの記事のポイントをまとめます。

 

ポイント

  • THEOよりTHEO+docomoの方が手数料割引条件は厳しい
  • dカードGOLD保有なら間違いなくTHEO+docomo
  • THEO+docomoにはdポイントなどメリットが多い

 

THEO+docomoの方がTHEOよりメリットが多いです。

手数料割引条件に差がありますが、割引されない手数料の1%でも十分な運用益は見込めます。

 

自分に合うほうを選ぶのが最適ですが、僕はTHEO+docomoを使ってます。

 

「THEO+docomo」公式サイト

 


【THEO+docomo】を詳しく見る→

 

 

僕のTHEO+docomoの運用実績はこちらで公開。

【テオdocomoの運用実績を公開】ロボアド投資体験談
【テオdocomoの運用実績を公開】ロボアド投資体験談

続きを見る

 

THEO+docomoの始め方はこちらの記事で徹底解説しています。

【テオdocomoの始め方】口座開設と積立設定の手順を画像付きで解説
【テオdocomoの始め方】口座開設と積立設定の手順を画像付きで解説

続きを見る

 

 

THEO+docomo の記事一覧へ

 

ぶろぐトップへ戻る

 

-テオdocomo(ロボアド)

© 2020 はいりふる ぶろぐ Powered by AFFINGER5