【渋温泉は夜がおすすめ】千と千尋の聖地やレトロな街並みが絶景の湯田中渋温泉郷

長野県一周

【渋温泉は夜がおすすめ】千と千尋の聖地やレトロな街並みが絶景の湯田中渋温泉郷

旅行といえば「温泉」と「絶景」は必須ですよね。

長野県を旅行で訪れるなら「夜の渋温泉街」は外せません。

 

渋温泉は写真映えスポットが多く千と千尋の神隠しのモデルの1つ「金具屋」やレトロな街並みが絶景なんです。

宿泊すれば九湯の温泉を巡る「外湯巡り」も無料で楽しめますよ。

 

長野県一周の車中泊ドライブ旅行で「渋温泉街」を訪れた僕が、現地のリアルな様子を初心と一緒に紹介します。

 

記事の内容

  • 夜の渋温泉の絶景と外湯巡り
  • 渋温泉の基本情報
  • 穴場旅館「金喜ホテル」の詳細情報

 

渋温泉の風景や、九湯の温泉にタダで入れるホテルの情報が分かりますよ。

 

渋温泉の街並み

 

渋温泉街のポイント

  • 夜の渋温泉街は絶景
  • レトロ感に癒される
  • 千と千尋の神隠しのモデル「金具屋」は必見
  • 金喜ホテルなら九湯の外湯巡りが無料
  • 浴衣デートスポットとしておすすめ

 

夜の渋温泉街の絶景と外湯巡り

夜の渋温泉街の絶景を外湯巡り

長野県一周の車中泊ドライブ旅で、おすすめ絶景スポット「渋温泉街」に到着。

前回の出発地点「北アルプス牧場直売店」から車で約2時間半ほどです。

 

昭和の雰囲気ただようレトロな温泉街では浴衣で歩いている人もちらほら。

 

まずはじゃらんnetで予約した「金喜ホテル(かねきホテル)」にチェックイン。

穴場旅館の金喜ホテル、詳細は後ほど解説します。

 

金喜ホテルの専用駐車場に車をとめて泊まる宿まで徒歩2分。

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

ちなみに金喜ホテルに宿泊すると、6:00~22:00の時間で九湯の外湯に入り放題なんですよ。

 

九湯の外湯

  • 一番湯 初湯
  • 二番湯 笹の湯
  • 三番湯 綿の湯
  • 四番湯 竹の湯
  • 五番湯 松の湯
  • 六番湯 目洗いの湯
  • 七番湯 七操の湯
  • 八番湯 神明滝の湯
  • 九番湯 渋大湯

 

ホテルのご主人に聞くとおすすめの外湯巡り方法は、祈願手ぬぐいにスタンプを押しながら巡るというものだそうです。

 

「お湯の温度はかなり熱いから気を付けてね~」とのこと。

浴衣に着替えて下駄をはき夜の渋温泉街へ繰り出しました。

 

そぞろ歩き(あてもなくぶらぶら歩き回ること)するのが、夜の渋温泉の醍醐味ですよ。

 

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

写真は九番湯の「渋大湯」の入口です。

時間があれば九湯すべてをまったり堪能したいですね。

 

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

夜の渋温泉街は暗いですが、柔らかな明かりがレトロな街並みを優しく照らしています。

昭和な雰囲気が漂ってきますね。

 

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

レトロな街並みの空気感は、石畳を敷き詰められた路地からも感じることができます。

ちなみに温泉街にはお土産屋さんや射的屋さんもあるんです。

 

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

カップルもちらほらいて、デートスポットとしても良さそうですね。

 

のんびり温泉巡りは疲れが吹き飛びます。

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

外湯巡りをしながら渋温泉街を歩いていると、やけに人がたくさん集まっている人だかりを発見。

 

みんなが写真をとっていたのは、旅館の「金具屋」です。

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

「金具屋」はあのジブリ映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルの1つと言われる旅館で、人気の写真映えスポットです。

 

金具屋

住所〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202
電話番号0269-33-3131
ライトアップ19:30頃~22:00頃

渋温泉を訪れるなら絶対に写真におさめておきたい絶景スポットですよ。

 

【夜の渋温泉は絶景】千と千尋の神隠しや街並みを堪能できる外湯巡り

そのまま外湯巡りをまったり堪能。

まるでタイムスリップしたような気分です。

 

外湯めぐりがおわって、温泉街の居酒屋で夜ご飯とビール(お会計は4,000円くらい)にしました。

 

結局、入浴できた外湯は1番湯・2番湯・9番湯。

温泉はどれも古い造りでしたが、想像していたよりもお湯の温度は熱くはなかったです。

 

昼間の渋温泉も良いですが、明かりに照らされた夜の渋温泉もオシャレな雰囲気でオススメ。

レトロな渋温泉街には絶景スポットがたくさんありました。

 

渋温泉の基本情報

渋温泉の基本情報

 

渋温泉とは、長野県にある「湯田中渋温泉郷」とよばれる一帯のことです。

この温泉郷一帯は1,300年前から続いているとされています。

 

渋温泉街には千と千尋の神隠しのモデルの1つと言われる「金具屋」やレトロな街並みなど写真映えスポットがたくさん。

 

渋温泉:基本情報

住所〒381-0401 長野県 下高井郡 山ノ内町 大字平穏
時間6:00~22:00(外湯めぐり)
源泉37か所
備考一帯は「湯田中渋温泉郷」と呼ばれる温泉郷

 

レトロな田舎の雰囲気を味わいながら温泉巡りができて、絶景スポットも多い癒しの温泉街です。

 

穴場旅館の金喜ホテル(かねきホテル)

穴場旅館「金喜ホテル」の詳細情報

今回宿泊した金喜ホテル、翌朝に撮った部屋からの眺めはこんな感じ。

部屋には浴衣やバスタオル、ドライヤーにWi-Fiなど一般的なアメニティは全て揃っています。

 

ホテルといっても和室で落ち着く「おばあちゃんち」のような雰囲気です。

 

金喜ホテル:基本情報

住所〒381-0401 長野県下高井郡 山ノ内町大字平穏 2073
料金大人1人4,800円(税込)
電話0269-33-3531
時間6:00~22:00(九湯巡り)
駐車場5台(無料)
アクセス信州中野ICより車で15分
その他和室、Wi-Fiあり

 

大人1人4,800円で和風の落ち着く宿に泊まれて、さらに温泉巡りもできるのでコスパ良し。

金喜ホテルに宿泊すると、6:00~22:00の時間で九湯の外湯に入り放題です。

 

住所

金喜ホテルの住所は「〒381-0401 長野県下高井郡 山ノ内町大字平穏 2073」です。

地図も載せておきますね。

 

宿泊料金

金喜ホテルの1泊の宿泊料金は「大人1人4,800円(税込)」です。

 

交通アクセス

車の場合、信州中野ICより15分ほどです。

もしくは長野電鉄、湯田中駅長電バスで約10分。

 

駐車場

宿泊者が無料で使える駐車場が5台分あります。

 

電話番号

電話番号は「0269-33-3531」です。

 

外湯巡りの手形

金喜ホテルでは、チェックインの際に写真のような鍵付きの「手形」を渡されます。

この手形で外湯の扉の鍵を開けて、九湯の温泉巡りを楽しむことができます。

穴場旅館「金喜ホテル」の基本情報鍵を持っていないと外湯の扉を開けられないので、誰でも入れるわけではないんです。

外湯巡り(九湯巡り)できる時間は「6:00~22:00」です。

 

予約方法

今回の金喜ホテルは「じゃらんnetから最安値で予約できました。

じゃらんnet以外にも「JTB」でも予約できますよ。

 

それぞれポイントが貯まるので、普段利用しているポイントで決めるのが賢い予約方法。

JTBホームページじゃらんnetホームページ
JTBグループのポイントが貯まるPontaポイント/リクルートポイントが貯まる
JTBを詳しく見る→じゃらんnetを詳しく見る→

 

【渋温泉は夜がおすすめ】千と千尋の聖地やレトロな街並みが絶景の湯田中渋温泉郷:まとめ

【渋温泉は夜がおすすめ】千と千尋の聖地やレトロな街並みが絶景の湯田中渋温泉郷:まとめ

では渋温泉のポイントをおさらいします。

 

ポイント

  • 夜の渋温泉街は絶景
  • レトロ感に癒される
  • 千と千尋の神隠しのモデル「金具屋」は必見
  • 金喜ホテルなら九湯の外湯巡りが無料
  • 浴衣デートスポットとしておすすめ

 

使った金額:8,800円

  • 金喜ホテル:4,800円(税込)
  • 居酒屋:4,000円(税込)

 

夜の渋温泉は、温泉を堪能できるだけでなく絶景スポットも巡ることができる最高の温泉郷。

さらに自慢できること間違いなしの映画の聖地や絶景スポットを写真におさめることができますよ。

長野旅行なら絶対に訪れてほしい場所、渋温泉街でした。

 

 

長野県の車旅:関連記事

 

車中泊ドライブ旅行:関連記事

 

関連カテゴリー

 

ブログホームへ戻る

 

-長野県一周

© 2021 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5