【不動産投資で失敗した体験談】失敗しないためのチェックすべきポイント

不動産投資

【不動産投資で失敗した体験談】失敗しないためのチェックすべきポイント

この記事で分かること

  • 不動産投資で失敗した体験談
  • 失敗しないためのチェックポイント

 

本業をしながら資産運用の1つとして不動産投資をしています

 

この記事では、僕の友人が不動産投資で失敗した体験談をお話します。

体験談から学ぶ失敗しないためのチェックすべきポイントも解説するので、不動産投資を検討中の方は参考にしてみてください。

 

記事の内容

  • 不動産投資で失敗を体験した友人
  • 不動産投資で失敗した体験談
  • 失敗しないためのチェックすべきポイント

 



 

【不動産投資で失敗した体験談】失敗しないためのチェックすべきポイント

【不動産投資で失敗した体験談】失敗しないためのチェックすべきポイント

 

僕は本業をしながら資産運用の1つで不動産投資をしているフィットネス関係の会社に勤めるサラリーマンです。

現在は毎月の家賃収入を得ていますが、最初に不動産投資を始める時は失敗するのが嫌でたくさん調べてセミナーにも参加してから始めました。

 

不動産投資を始めた体験談はこちらの記事でお話しています。

【不動産投資の始め方】サラリーマンが不動産オーナーになった体験談

 

不動産投資で失敗は絶対にしたくないですよね。

失敗しないためのチェックすべきポイントは以下です。

 

チェックポイント

  • 賃貸借契約書
  • 不動産業者の評判
  • 入居者情報
  • 前オーナー情報
  • 過去の入居者情報
  • ガス、電気、水道のメーター

 

では僕の友人が不動産投資で失敗した体験談と、失敗しないためのチェックポイントをお話していきます。

 

不動産投資で失敗を体験した友人

不動産投資で失敗を体験した友人

 

僕の友人は最初の不動産投資で失敗しました。

(現在は順調に成功しています)

 

失敗を体験した友人について簡単に紹介します。

性別 女性
年齢 27最(2016年当時)
職業 イベント企画会社のOL
年収 500万円
結婚 未婚(彼氏なし)
性格 考えるよりまず行動

面倒くさがり

流されやすい

 

友人(Aさんと呼びます)は確認せずに何でも即断即決する失敗を恐れないタイプです。

行動力はすごいなと思いますし、見ていて気持ちいいんですけどね。

 

Aさんは、セミナーに参加したりネットで調べたりせず不動産投資の本を1冊だけ読んですぐに不動産投資を開始。

僕も不動産投資をしていますが、絶対に失敗したくないので最初はセミナーなどで知識をつけてから始めました。

 

行動力は大事ですが、不動産物件は決して安い買い物ではないということを忘れないようにしておきましょう。

 

不動産投資で失敗した体験談

不動産投資で失敗した体験談

 

ではAさんが不動産投資で失敗した体験談をお話していきます。

 

  1. 不動産投資物件の購入
  2. 物件購入後のトラブル

 

Aさんは自信家で、不動産投資の本を読み終えると今すぐにでも不動産投資を始めたいと言っていました。

翌日には近くの不動産業者に駆け込み、何かいい投資物件はないかと聞いたのが失敗の始まりです。

 

では順番に不動産物件の購入までの話からしていきます。

 

不動産投資物件の購入

不動産業者を訪れ

「何かいい投資物件はありませんか?」

というAさん。

 

それに対し、初対面の不動産業者は

「ちょうどよかったです。あなたにピッタリの投資物件があります。」

とAさんにオーナーチェンジの区分マンションの1部屋をオススメ。

 

言い方は悪いですが、この時点で不動産業者はカモがきたと思っていたのかもしれません。

オススメされた区分マンションの1室は既に入居者がいる状態で売りに出されている「オーナーチェンジ物件」とのこと。

 

オーナーチェンジとは、不動産投資用物件の取り引き形態の1つです。

 

オーナーチェンジ

物件を所有している不動産オーナーが、部屋に入居者がいる状態で他の人に販売する方法。

購入者には入居者の募集など手間を省いてすぐに家賃収入が入ってくるメリットがあります。

 

オーナーチェンジ物件は、すぐに家賃収入が入ってくるなどのメリットがある反面、入居者を選べないなどのデメリットもあります。

 

不動産業者にオススメされAさんが購入した不動産投資物件の詳細です。

場所 都内の駅近(徒歩2分)
家賃 18.8万円
購入価格 約5,200万円
築年数 6年
備考 タワーマンションの8F

 

物件購入価格は高かったのですが、毎月支払われる家賃も高かったので利回り(利益率)は好条件。

 

さらに購入後すぐに家賃収入が入ってくるメリットに加えて、写真で見た物件の外観がとてもおしゃれで気に入ったAさんは即契約。

賃貸借契約書もさらっと確認した程度だったそうです。

 

物件購入後のトラブル

不動産投資物件の購入後、初めての家賃が振り込まれていてウハウハに喜ぶAさん。

しかし長くは続きませんでした。

 

さっそく2か月目から「家賃滞納」が発生。

入居者から家賃が支払われなくなりました。

 

まあ1か月くらい大丈夫だろうと面倒くさくて放置していると翌月も同じく家賃を滞納し支払わない入居者。

Aさんは、不動産業者を介して入居者に家賃を支払うよう通知しましたが返事はなし。

 

結局、後日入居者と直接会って話しあうことになりました。

しかし入居者は、仕事を辞めて収入がなくなってしまい家賃の支払いができないとの事。

入居者は部屋を退居してしまいました。

 

切り替えも早いAさんは、すぐに次の入居者の募集を不動産業者に依頼。

しかし、2か月ほどしても入居希望者はあらわれません。

 

都内で駅近ならもう少し需要があるはず、おかしいなと思ったAさんはあることに気づきました。

「同じマンションの他の部屋より設定されてる家賃が高い」

 

調べてみると、周辺の同じような部屋やさらには同じマンションの部屋より高い家賃設定だったそうです。

同じような部屋なら値段の安い部屋に住みたいのはあたりまえですね。

 

利回りが高かった理由

異常に高い家賃に設定されていた

 

設定されている家賃が高いと利回りも高くなるので好条件の優良物件にみえます。

 

不動産業者に家賃設定がおかしいと問い詰めてみても

「部屋ごとに担当者が違うのでよく把握していません。」

と知らんぷり。

 

結局Aさんは、買ったばかりの部屋のローンだけを抱え込みました。

 

このままでは破産してしまうと考えたAさんは、しかたなく家賃設定を下げて入居者の募集を開始。

しかし、なかなか入居希望者はあらわれず赤字を垂れ流す日々が続きました。

 

ようやく次の入居者が決まったのは、家賃設定を下げてから3か月間後のことでした。

家賃収入は下がりましたが、入居者が見つかって本当に安心しました。

 

不動産投資で失敗しないためのチェックすべきポイント

不動産投資で失敗しないためのチェックすべきポイント

 

今回の体験談から学べる、チェックすべきポイントを解説していきます。

不動産投資で失敗しないためにも契約前にしっかりチェックすることが大切。

 

失敗を防ぐためのチェックすべきポイントをまとめました。

 

チェックポイント

  • 賃貸借契約書
  • 不動産業者の評判
  • 入居者情報
  • 前オーナー情報
  • 過去の入居者情報
  • ガス、電気、水道のメーター

 

不動産投資物件を契約する前に、上記のチェックすべきポイントを確認しておくと失敗のリスクを回避しやすくなります。

 

またオーナーチェンジ物件の場合、室内の状態が確認できないので「修繕費用の積み立てはどのくらいあるのか」も確認しておきましょう。

ちなみに不動産業者が各部屋の家賃の違いを把握していないなど、普通に考えてありえません。

 

今回のような事例はめったにありませんが、不動産投資をするならしっかり確認すべきです。

 

【不動産投資で失敗した体験談】失敗しないためのチェックすべきポイント:まとめ

【不動産投資で失敗した体験談】失敗しないためのチェックすべきポイント:まとめ

 

では最後に繰り返しになりますが、もう一度まとめます。

不動産投資で失敗しないためのチェックすべきポイントです。

 

チェックポイント

  • 賃貸借契約書
  • 不動産業者の評判
  • 入居者情報
  • 前オーナー情報
  • 過去の入居者情報
  • ガス、電気、水道のメーター

 

もし不動産投資を始めようと検討しているなら、チェックポイントを忘れずに覚えておいてください。

今回の体験談のように、よく勉強せず不動産投資をいきなり始めるのはかなり危険です。

 

まずはセミナーなどで知識をつけてからにしましょう。

初心者向けの不動産投資セミナーで無料で学べるのは以下のセミナーです。

 

初心者向け無料セミナー

 

詳しくはこちらの記事で徹底解説しています。

【初心者向け】無料で学べる不動産投資セミナーを厳選

 

 

不動産投資の記事一覧へ

 

ぶろぐトップへ戻る

 

-不動産投資

© 2020 はいりふる ぶろぐ Powered by AFFINGER5