【能登半島最先端のパワースポット】禄剛崎灯台は道の駅「狼煙」から徒歩10分

能登半島一周

【能登半島最先端のパワースポット】禄剛崎灯台は道の駅「狼煙」から徒歩10分

能登半島の最先端にある「禄剛崎灯台(ろっこうさきとうだい)」は、絶景を楽しめるパワースポットとして人気。

 

石川県の中心地からは離れていますが、観光旅行するなら訪れないと後悔するかもしれません。

 

能登半島車中泊ドライブ旅行で禄剛崎灯台を訪れた僕が、現地の様子や行き方など写真と一緒に紹介しますね。

 

記事の内容

  • 駐車場は道の駅「狼煙」
  • 半島最先端の禄剛崎灯台
  • 禄剛崎灯台の基本情報

 

禄剛崎灯台

  • 能登半島の最先端
  • 周辺は整備されて歩きやすい
  • 看板が珍しい
  • 絶景スポット
  • 道の駅「狼煙」から徒歩10分

 

禄剛崎灯台の駐車場:道の駅「狼煙」

禄剛崎灯台の駐車場:道の駅「狼煙」
能登半島一周の車中泊ドライブ旅行、能登半島最北端のパワースポット「禄剛崎灯台」へと向かいます。

 

禄剛崎灯台の最寄り駐車場として利用できる「道の駅:狼煙(のろし)」に到着。

灯台のあるエリアまで徒歩で10分ほどです。

 

ちなみに「道の駅:狼煙」は車中泊スポットとしても人気なんですよ。

 

道の駅「狼煙」:基本情報

住所〒927-1441 石川県珠洲市狼煙町 テ部11
アクセスのと里山空港から車で60分
金沢駅からバス180分
駐車場大型5台、普通車106台
営業時間8:30~17:00
備考EV充電設備あり

道の駅「狼煙」公式サイト

 

道の駅狼煙で売られている「おからコロッケ」がとにかく美味しいです。

店員さんに聞くと地元でも一番人気とのこと。

観光旅行などで訪れた際はぜひ食べてみてくださいね。

 

道の駅「狼煙」のおからコロッケ

おからコロッケは1個100円(税込)です。

他にもおからクッキーや豆乳ようかんなど奥能登ならではのスイーツが楽しめますよ。

 

おからコロッケで腹ごしらえをして、禄剛崎灯台まで歩いて向かいます。

大きな看板があるのでまず迷うことはありませんね。

禄剛崎灯台と聖域の岬までの看板看板のとおりに進むだけ。

坂道になっていますがすぐに着きますよ。

 

半島最先端のパワースポット「禄剛崎灯台」

半島最先端のパワースポット「禄剛崎灯台」

坂道を登っていき10分ほどで禄剛崎灯台に到着。

灯台の前に立っている柱には「能登半島最先端」と書かれていました。

 

禄剛崎灯台は絶景を見られるパワースポットとして人気の観光灯台です。

灯台周辺は整備されていて歩きやすく、散歩しながらのんびり日本海を一望できますよ。

 

能登半島最先端の禄剛崎灯台に行ってみた

少し歩いたところには石碑も建てられています。

 

石碑には「日本列島ここが中心」と書かれていて、上の部分には禄剛崎灯台からコンパスで日本列島を囲んだような円が記されていました。

 

雲のない日には立山連峰や佐渡島も見えるビュースポット。

能登半島最先端の禄剛崎灯台に行ってみた

禄剛崎灯台周辺には不思議な案内看板もありますよ。

訪れたら絶対に写真を撮っておくべき映えスポットですね。

  • 東京まで302km
  • 上海まで1598km
  • 釜山まで783km

「本当かよ」と突っ込みたくなりますが、それよりも日本海と立て看板のコントラストが絶妙です。

距離が表示されている看板は全部で4枚あり、もう1枚には「ウラジオストクまで772km」と書かれていました

 

能登半島最先端の禄剛崎灯台に行ってみた

写真を撮るなら、このレンガと海のコントラストもおすすめ。

 

風を感じながらボーっと眺める海は最高、あらためて水平線って綺麗なんだなと感じます。

禄剛崎灯台はのどかな雰囲気がありながらも、能登半島の最果ての地という特別な気分も味わえますよ。

 

ちなみに禄剛崎灯台が建てられている場所は外浦と内浦の接点にあたるところで、「海から昇る朝日」と「海に沈む夕日」を同じ場所から眺められることで有名なんです。

 

禄剛崎灯台の基本情報

禄剛崎灯台の基本情報

禄剛崎灯台は、石川県能登半島の最先端部分にある灯台です。

読み方は「ろっこうさきとうだい」「ろっこうざきとうだい」どちらもあるんです。

 

通称「狼煙の灯台(のろしのとうだい)」とも呼ばれている能登半島の人気観光スポットの1つ。

 

灯台の高さは12mで「日本の灯台50選」や「保存灯台:Aランク」にも指定されています。

禄剛崎灯台の目の前は50mほどの断崖絶壁で、崖下には「千畳敷」が広がっています。

 

住所

禄剛崎灯台の住所は「〒927-1441 石川県 珠洲市 狼煙町イ-51」です。

地図も載せておきますね。

「道の駅:狼煙」から徒歩10分です。

 

アクセス

禄剛崎灯台までの行き方は、北陸自動車道「金沢森本I.C」から車で約3時間ほどです。

定休日などはありません。

 

歴史

イギリス人技師によって設計された禄剛崎灯台は同じ場所から朝日と夕日が同時に見られる絶景スポットとしても有名。

 

1883年(明治16年)に初点灯。

灯台のライトは約33km先まで届き、1963年まで人が常駐していたんです。

1963年(昭和38年)からは機械の自動化により無人化となっています。

 

電話番号

電話番号は「0768-82-7776」です。

管理している珠洲市観光交流課に繋がります。

 

【能登半島最先端のパワースポット】禄剛崎灯台は道の駅「狼煙」から徒歩10分:まとめ

【能登半島最先端のパワースポット】禄剛崎灯台は道の駅「狼煙」から徒歩10分:まとめ

ではこの記事のポイントをまとめます。

 

ポイント

  • 能登半島の最先端
  • 周辺は整備されて歩きやすい
  • 看板が珍しい
  • 絶景スポット
  • 道の駅「狼煙」から徒歩10分

 

能登半島の最果ての地にある禄剛崎灯台周辺は整備されていて、写真映えする立て看板もあるのでオススメ。

「道の駅:狼煙」から徒歩10分で日本海の絶景が見られます。

 

ぜひ訪れて欲しいパワースポット、「能登半島最先端の禄剛崎灯台」でした。

 

 

能登半島の車旅:関連記事

 

車中泊ドライブ旅行:関連記事

 

関連カテゴリー

 

ブログホームへ戻る

 

-能登半島一周

© 2021 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5