【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

長崎県一周

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

長崎県島原市の有名店「姫松屋本店」の具雑煮について知りたい方は必見。

この記事では、実際に訪れて食べてみた元祖具雑煮の正直な感想や姫松屋本店の様子を写真と一緒に解説します。

 

実際に姫松屋本店を訪れた僕が、元祖具雑煮の味や正直な感想をお話しますね。

 

記事の内容

  • 姫松屋本店に到着
  • 提供メニュー
  • 具雑煮定食を実食
  • 基本情報

 

島原名物の郷土料理「具雑煮」がどんな料理なのか、本当に美味しいのかが分かりますよ。

 

姫松屋本店

  • 駐車場も店内も広い
  • 島原名物の具だくさん具雑煮
  • ダシが体に染みわたる優しい味

 

使ったお金

具雑煮定食(梅):1,320円(税込)

具雑煮(並)1,078円(税込)

かんざらし:330円(税込)

合計:2,728円(税込)

 

姫松屋本店に到着

姫松屋本店に到着

雲仙地獄から車で30分ほど、島原の郷土料理「具雑煮(ぐぞうに)」で評判のお店「姫松屋本店」に到着。

島原には新町店もありますが、今回は本店を訪れました。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

姫松屋本店の目の前には島原城があります。

観光してからご飯にするのもいいですね。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

姫松屋本店の専用駐車場は、店の周りに3ヶ所あり広さも抜群です。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

なつかしさが感じられる店構えです。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想風格のある姫松屋本店の看板。

祝日の昼間などは、整理券が出るほど行列ができることもあるそうです。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

入口は落ち着いた雰囲が感じられます。

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

奥に階段も見えますね。

2階は団体客などが使う座敷席です。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

店内には角野卓造さんのサインも飾られていました。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

店内は広いフロアにボックス席がたくさん。

他にもテーブル席やお座敷など、全部で220席あるそうです。

僕らが訪れたときはご夫婦が一組だけでした。

 

姫松屋本店のメニュー

姫松屋本店のメニュー

 

姫松屋本店のメニューをまとめました。

ちなみにメニュー表に記載されている金額は税抜き価格です。

 

具雑煮メニュー

島原名物 具雑煮並:1,078円(税込)
大:1,298円(税込)
具雑煮定食 梅1,320円(税込)
具雑煮定食 竹1,870円(税込)
具雑煮定食 松2,310円(税込)

ちなみに、具雑煮の並と大の差は「餅が5個と8個」「具材の種類の数」です。

 

定食メニュー

鍋焼うどん定食880円(税込)
刺身定食1,430円(税込)
天ぷら定食1,320円(税込)
かつ重1,045円(税込)
とんかつ定食990円(税込)
そば定食825円(税込)
天そば定食1,045円(税込)
ポークしょうが定食880円(税込)
和牛定食1,760円(税込)
エビフライ定食1,210円(税込)
カラアゲ定食1,100円(税込)
エビカレー重1,100円(税込)
幕の内定食1,210円(税込)
子供ランチ1,210円(税込)

 

メニューは豊富で「刺身盛り合わせ」や「枝豆」などのサイドメニューや「かんざらし」やなどのデザート、ビールなどのアルコールもありました。

*料金は変わることがあります。

 

元祖と言われる具雑煮定食を実食

元祖と言われる具雑煮定食を実食

僕が注文した具雑煮定食の梅には「具雑煮」「いなり寿司3個」「フルーツ」が添えられています。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

蓋をあけたら湯気が出てきました。

食欲をそそられますね。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

れんげで一口飲んだ瞬間

「うまっ」

体全体に染みわたるような優しい味。

上品でコクがあって個人的にはかなり好きな美味しさでした。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

まずは丸くて柔らかいお餅。

具だくさんなので一つずつ味わっていきます。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

具だくさんで大満足。

白菜(しろな)、れんこん、高野豆腐、かまぼこ、ちくわ、卵焼きなどなど。

出汁が具材に染み込んでいて格別でした。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

デザートに「かんざらし」も注文。

かんざらしも具雑煮と同様、島原名物のひとつです。

数量限定と書いてありましたが、無事に食べることができました。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

ホッとする甘さのかんざらしは食後にオススメ。

 

姫松屋本店の基本情報

姫松屋本店の基本情報

 

姫松屋本店の住所やアクセス方法など基本的な情報をまとめました。

 

住所

住所は「〒855-0036 長崎県島原市城内1-1208-3」です。

地図で見ると場所はここ。

 

アクセス(行き方)

「車」「電車」「バス」それぞれのアクセス方法をまとめました。

 

車で行く場合、長崎道諫早ICから1時間ほどです。

 

電車

電車で行く場合、最寄り駅は「島原駅」となります。

駅からは徒歩7分ほど。

 

バス

バスで行く場合、諫早駅前から出ている島鉄バスに乗り、1時間ほどで着く「島原駅」で下車して徒歩7分ほどです。

 

駐車場

姫松屋本店の駐車場

無料の専用駐車場が50台分ほどあります。

かなり広かったですよ。

 

営業時間

平日11:00~18:00
土日祝日11:00~19:00

 

定休日

定休日は第2火曜日。

ただし変更する場合もあるそうです。

 

電話番号

電話番号は「0957-63-7272」です。

 

具雑煮の由来

具雑煮とは、島原半島で正月などに食べるオリジナル郷土料理です。

1637年の島原の乱で天草四郎が籠城していた時に、山や海からいろんな具材を集めて餅と一緒に雑煮を炊いて振る舞ったことが始まりと言われています。

 

周辺の観光スポット

姫松屋本店の周辺には観光スポットやアクティビティもあるので、旅行を満喫したい方は参考にしてみてください。

島原温泉 旅館海望荘有明海を一望できる料理自慢の宿
がまだすドーム家族で楽しめる火山体験ミュージアム
雲仙地獄島原がほこる観光名所

島原温泉 旅館海望荘など周辺の宿泊施設は「じゃらんnet」から一括検索して予約可能です。

がまだすドームの割引チケットなどは「アソビュー」から予約できます。

 

姫松屋本店の周辺を自由に観光したりレジャーを楽しみたいなら車が一番便利です。

車を持っていなくても「たびらいレンタカー」で安く予約すれば大丈夫。

サクッと楽しみたい方は、長崎空港までNAVITIME Travelで飛行機をおさえて現地でレンタカーを借りるのもあり。

 

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想:まとめ

【ダシが体に染みわたる元祖具雑煮】姫松屋本店で島原名物の郷土料理を食べた感想

 

では姫松屋本店のポイントをおさらいします。

 

姫松屋本店

  • 駐車場も店内も広い
  • 島原名物の具だくさん具雑煮
  • ダシが体に染みわたる優しい味

 

使ったお金

具雑煮定食(梅):1,320円(税込)

具雑煮(並)1,078円(税込)

かんざらし:330円(税込)

合計:2,728円(税込)

 

体に染みわたるような優しいダシとたくさんの具材が絶品の元祖具雑煮。

島原名物の郷土料理は人生で一度は食べておいたほうがいいですよ。

長崎旅行する際は、ぜひ姫松屋本店に訪れて味わってみてください。

 

 

長崎県の旅:関連記事

 

車中泊ドライブ旅行:関連記事

 

関連カテゴリー

 

ブログホームへ戻る

 

-長崎県一周

© 2023 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5