【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

長崎県一周

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

道の駅「彼杵の荘」について知りたい方は必見。

この記事では、長崎県一周の車中泊旅で訪れた際のリアルな様子や名物の「そのぎ茶」「茶ちゃ焼き」の正直な感想を写真と一緒に解説します。

 

実際に道の駅「彼杵の荘」を訪れた僕が、現地の様子や感じたことをお話しますね。

 

記事の内容

  • 道の駅「彼杵の荘」に到着
  • 長崎が誇る絶品そのぎ茶
  • 食堂棟で茶ちゃ焼きを購入
  • 基本情報

 

彼杵の荘がどんな道の駅なのかが分かりますよ。

 

道の駅:彼杵の荘

  • そのぎ茶が美味しすぎる
  • 茶ちゃ焼きやクジラ料理が味わえる
  • 駐車場も休憩スペースも広くてきれい

 

使ったお金

そのぎ茶490ml:130円(税込)

そのぎ茶ホット:110円(税込)

茶ちゃ焼き:100円(税込)

合計:340円(税込)

 

道の駅「彼杵の荘」に到着

道の駅「彼杵の荘」に到着

 

長崎空港から車で25分ほど、国道205号線沿いのクジラの看板が目印、道の駅「彼杵の荘(そのぎのしょう)」に到着。

まず伝えたいのは、日本一にも選ばれている「そのぎ茶」が旨すぎるということ。

お茶って普段は飲んでも美味しいと感じることはなかったのですが「そのぎ茶」は本気で美味しかったです。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

駐車場に車を停めて向かうと、まず見えてきたのが観光案内所と書かれた情報休憩施設。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

中に入ってみると、休憩スペースは大きなテーブルが4つとイスがあってかなり広かったです。

長距離ドライブの疲れもとれそうな、おすすめの立ち寄り休憩スポットですね。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

道の駅「彼杵の荘」は、平成27年に重点「道の駅」に選定されました。

ちなみに敷地内には古墳や民族資料館もあり、地元の歴史を知ることもできますよ。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

僕らが訪れた2022年の9月下旬は、ところどころリニューアルに向けての改装工事中でした。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

直売所はそれなりに人で賑わっていました。

タイミングによっては駐車場に誘導係が出るなど、かなり混雑しているときもあるそうですよ。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

入口にはペット同伴禁止と書かれています。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

旬の野菜や果物類、鯨肉コーナーもありました。

車中泊の際に、材料を購入して料理するのもいいですね。

 

長崎が誇る絶品そのぎ茶

長崎が誇る絶品そのぎ茶

彼杵の荘は東彼杵町のお茶「そのぎ茶」が特産品として売られていています。

販売されているそのぎ茶は全国茶品評会で2017年~2019年に日本一に選ばれていたり、農林水産大臣賞に選ばれたほど。

長崎が誇る絶品のお茶です。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

そのぎ茶の茶葉コーナーの品ぞろえは抜群なので、お土産としてもおすすめですね。

見てまわっているだけで、お茶のいい香りが漂っているのが分かります。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

そのぎ茶490ml(税込130円)とそのぎ茶ホット(税込110円)を購入。

ちなみにレジの横には道の駅スタンプが置いてありました。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

購入したそのぎ茶のフタを開けて飲んだ瞬間

「あ、これうまっ」

と感じる美味しさ。

お茶を飲んで美味しいと感じることは今までなかったのですが、やっぱり日本一を獲得した深みのある味は別格でした。

 

食堂棟で茶ちゃ焼きを購入

食堂棟で茶ちゃ焼きを購入

道の駅「彼杵の荘」は食堂棟(食事処)も隣接しています。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

メニューも豊富なのでランチで立ち寄るだけの利用もオススメ。

もともと物産館の一部だった食事コーナーが木造レストランとして建てられたそうです。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

メニューはこんな感じ。

このあたりはかつてクジラの街と呼ばれていたそうで、「くじらちゃんぽん」や「クジラの肉を使っただご汁」などの料理が食べられます。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

「茶ちゃ焼き」と「そのぎ茶ソフトクリーム」がとくに人気商品とのこと。

しかし、タイミング悪くソフトクリームの機械が故障していて食べられませんでした。

美味しいと評判だっただけに残念。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

しかし茶ちゃ焼きは食べられました。

これで1個100円と値段も安くコクのある甘さにハマりそうです。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

たい焼きと饅頭を合わせたような食べごたえ。

ドライブのお供にオススメです。

 

道の駅「彼杵の荘」の基本情報

道の駅「彼杵の荘」の基本情報

 

道の駅「彼杵の荘」の住所やアクセス方法など基本的な情報をまとめました。

 

住所

住所は「〒859-3807 長崎県彼杵群東彼杵町彼杵宿郷747-2」です。

地図の場所はこちらです。

 

アクセス(行き方)

「車」「電車」「バス」それぞれのアクセス方法をまとめました。

 

車で行く場合、長崎自動車道「東そのぎIC」より500mほど。

または、佐世保駅から40分ほどです。

 

電車

電車で行く場合、JR大村線の最寄り駅「彼杵駅」で下車して徒歩10分ほどです。

 

バス

バスで行く場合、最寄りバス停「郵便局前」で下車して徒歩3分です。

 

駐車場

駐車場は「40台分」「60台分」「100台分」といろんな記載があったので2022年12月25日に電話して直接聞いてみました。

すると駐車場には100台分ほどの駐車スペースがあるそうです。

また、電気自動車用の充電設備もあるそうですが、たまに調子が悪くて使えない場合もあるとのこと。

電話で親切に教えてくれた道の駅の男性スタッフの方、ありがとうございました。

 

トイレ

道の駅「彼杵の荘」トイレ

トイレは男女と多目的用のトイレがあります。

 

道の駅「彼杵の荘」トイレ

中は広くてとてもきれいでした。

天井がかなり高かったのも印象的。

 

営業時間

物産館8:00~18:00
食堂棟11:00~14:00

 

休業日

お休みは1月1日~1月3日です。

 

電話番号

電話番号は「0957-49-3311」です。

 

周辺の観光スポット

道の駅「彼杵の荘」の周辺には観光スポットやアクティビティもあるので、旅行を満喫したい方は参考にしてみてください。

10歩Garage岩くぐりなどを楽しめるシーカヤック体験
そのぎ茶温泉里山の湯宿 つわぶきの花都会では味わえない自然に囲まれた癒しの宿
魚雷発射試験場跡(片島公園)ラピュタのような魚雷発射場の廃墟跡

10歩Garageなどのアクティビティは「アソビュー」から予約できます。

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」→

つわぶきの花など周辺の宿泊施設は「じゃらんnet」から一括検索して予約可能です。

彼杵の荘の周辺を自由に観光したりレジャーを楽しみたいなら車が一番便利です。

車を持っていなくても「たびらいレンタカー」で安く予約すれば大丈夫。

サクッと楽しみたい方は、長崎空港までNAVITIME Travelで飛行機をおさえて現地でレンタカーを借りるのもあり。

 

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット:まとめ

【そのぎ茶が旨すぎる】長崎車中泊旅で訪れた道の駅「彼杵の荘」はおすすめ休憩スポット

 

では道の駅「彼杵の荘」のポイントをおさらいします。

 

道の駅:彼杵の荘

  • そのぎ茶が美味しすぎる
  • 茶ちゃ焼きやクジラ料理が味わえる
  • 駐車場も休憩スペースも広くてきれい

 

使ったお金

そのぎ茶490ml:130円(税込)

そのぎ茶ホット:110円(税込)

茶ちゃ焼き:100円(税込)

合計:340円(税込)

 

道の駅「彼杵の荘」で売られている名物の「そのぎ茶」は深い味わいが格別です。

さらに駐車場も休憩スペースもトイレも広いのでドライブの休憩スポットとしてオススメ。

長崎旅行や近くをドライブした際は、ぜひ立ち寄って「そのぎ茶」と「茶ちゃ焼き」を堪能してみてくださいね。

 

 

長崎県の旅:関連記事

 

車中泊ドライブ旅行:関連記事

 

関連カテゴリー

 

ブログホームへ戻る

 

-長崎県一周

© 2023 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5