【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用のセミが

長崎県一周

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用のセミが

長崎県平戸市にある道の駅「昆虫の里たびら」について知りたい方は必見。

この記事では、実際に昆虫の里たびらに立ち寄った際のカブトムシのモニュメントや昆虫食の自販機などを写真と一緒に解説します。

 

長崎県一周の車中泊旅で昆虫の里たびらを訪れた僕が、現地の様子や正直な感想をお話しますね。

 

記事の内容

  • カブトムシの巨大オブジェ
  • ふれあい友市
  • 珍しい昆虫食の自動販売機
  • 基本情報

 

道の駅「昆虫の里たびら」の見るべきポイントが分かりますよ。

 

道の駅:昆虫の里たびら

  • カブトムシの巨大オブジェ
  • 珍しい昆虫食の自動販売機
  • 昆虫の立体パズルはお土産に

 

特徴的なカブトムシの巨大オブジェ

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

長崎県一周の車中泊旅、神崎鼻公園から車で30分ほど走り「昆虫の里たびら」に到着。

「昆虫の里たびら」は2001年にオープンした道の駅です。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

何と言っても印象的なのは、異様にでかいカブトムシの巨大オブジェ。

高さ9メートルの柱に登る怪獣のようで、小さな子どもが喜びそうです。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

目印になるので場所もすぐに分かりますね。

ものすごいリアルに作られていて今にも動きだしそうなくらいです。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

敷地内はこんな感じ。

売店はありますが、レストランはありません。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

敷地内の情報センターとトイレの裏にはドッグランエリアがありました。

 

昆虫の里たびら(ふれあい友市)

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

昆虫の里たびらは「ふれあい友市」とも呼ばれている道の駅。

売店の中は市場のように特産品などがたくさん売られていました。

ちなみに、昆虫の里たびらでは夏季限定でカブトムシやクワガタなどの昆虫が売られるそうです。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

平戸市ならではのお土産が売られているコーナーもありました。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

こちらは農作物。

大きいひょうたんかぼちゃが目にとびこんできました。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

昆虫好きにはたまらない昆虫の立体パズル。

お土産に渡してみるのも面白いかも。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

ドライブ旅のおともに、スナックやせんべいを買われる方も多いようです。

 

珍しい昆虫食の自動販売機

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

「昆虫の里たびら」といえば巨大なカブトムシのオブジェが最大の特徴。

しかしもうひとつの見どころポイントは、売店の横にある珍しい昆虫食の自動販売機です。

食べられる「オケラ」「ゲンゴロウ」「カイコのサナギ」などいろんな種類の昆虫が売られていました。

 

販売されている食用の昆虫はほとんどが1,000円とそこそこの値段します。

人気なのか補充されていないだけかは分かりませんが、売り切れている昆虫もいますね。

そして「バッタの食べ比べセット」まで並んでいました。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

夏と言えばセミですが、食べるという発想はありませんでしたね。

僕は遠慮しておきましたが、気になる方はぜひ挑戦してみてください。

ちなみに、駅のスタッフさんに聞いたら「カリカリして美味しいですよ」とのこと。

 

昆虫の里たびらの基本情報

道の駅「昆虫の里たびら」の基本情報

 

住所やアクセス方法など基本的な情報をまとめました。

 

住所

住所は「〒859-4813 長崎県平戸市田平町深月免 521-3」です。

地図で見ると場所はここ。

 

読み方

昆虫の里たびらの住所、田平町深月免の読み方は「たびらちょうふかつきめん」です。

 

アクセス(行き方)

「車」「電車」「バス」それぞれのアクセス方法をまとめました。

 

車で行く場合、平戸大橋から10分ほど。

または、西九州道「佐々IC」から国道204号経由で約16kmです。

 

電車

電車で行くなら、松浦鉄道の「すえたちばな駅」が最寄り駅となります。

そこからは1kmほど徒歩です。

 

バス

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

道の駅には西肥バスが運行していて、バス停もありました。

 

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

ただし写真のようにバスは1時間に1本と運行本数は少ないようですね。

 

定休日

定休日は12月31日~1月3日です。

 

電話番号

電話番号は「0950-57-0567」です。

 

駐車場

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

無料駐車場には車を停められるスペースが45台分あります。

 

トイレ

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

男女それぞれ5器のトイレ、多目的トイレ1器も完備されています。

トイレの壁や休憩所の壁には、色鮮やかな昆虫のステンドグラスがありました。

 

営業時間

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

道の駅の営業時間は9時~19時です。

駐車場やトイレは24時間いつでも使用可能。

 

周辺の観光スポット

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

昆虫の里たびらの周辺には観光スポットやアクティビティもあるので、旅行を満喫したい方は参考にしてみてください。

お食事の店:萬福刺身が食べ放題のお食事処
一棟貸し平戸よこた一日1組限定、大人の秘密基地
たびら昆虫自然園平戸・田平に棲む200種類の昆虫展示など

「一日一組限定の平戸よこた」などの宿泊施設はこちらから一括検索して予約可能です。

じゃらんnet→

 

平戸や田平のアクティビティは「アソビュー」から予約できます。

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」→

 

昆虫の里たびらの周辺を自由に観光したりレジャーを楽しみたいなら車が一番便利。

車を持っていなくても「たびらいレンタカー」で安く予約すれば大丈夫です。

 

【巨大カブトムシだけじゃない】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用のセミ:まとめ

【巨大カブトムシだけじゃない!】道の駅「昆虫の里たびら」の自販機には食用の昆虫が

 

では道の駅「昆虫の里たびら」のポイントをおさらいします。

 

道の駅:昆虫の里たびら

  • カブトムシの巨大オブジェ
  • 珍しい昆虫食の自動販売機
  • 昆虫の立体パズルはお土産に

 

長崎県平戸市にある道の駅「昆虫の里たびら」は巨大なカブトムシが目印。

そして意外と好評らしい昆虫食の自動販売機も見どころです。

「昆虫と出会える駅」がキャッチフレーズの道の駅「昆虫の里たびら」にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

 

長崎県の旅:関連記事

 

車中泊ドライブ旅行:関連記事

 

関連カテゴリー

 

ブログホームへ戻る

 

-長崎県一周

© 2022 High-Riffle Blog Powered by AFFINGER5